情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

風力発電により製造した低炭素水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証事業の本格運用を開始

2017年7月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、豊田自動織機、トヨタタービンアンドシステム、日本環境技研は、環境省委託事業「平成27年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択され、京浜臨海部における再生可能エネルギーを活用した低炭素な水素サプライチェーンモデルの構築を図る実証プロジェクトを進めてきたが、この度すべての設備が完成し、本格運用を開始する。

風力発電により製造した低炭素水素を燃料電池フォークリフトへ供給する実証事業の本格運用を開始

本実証プロジェクトでは、横浜市風力発電所(ハマウィング)敷地内に、風力発電を利用し水を電気分解して低炭素の水素を製造し、貯蔵・圧縮するシステムを整備。さらに、ここで製造した水素を、簡易水素充填車により輸送し、横浜市内や川崎市内の青果市場や工場・倉庫に導入した燃料電池フォークリフトで使用するといったサプライチェーンを構築する。こうした地域と一体となった水素サプライチェーンの構築により、従来の電動フォークリフトやガソリンフォークリフト利用時と比べ、80%以上のCO2削減が可能になると試算。この実証を通じて、将来の普及展開モデルを見据えた、コスト試算やCO2削減効果等を検証していく。

●1 実証プロジェクトの概要

風力発電 ハマウイング 低炭素水素製造 サプライチェーン概略図

●2 実証プロジェクトによる具体的な検証内容

風力発電 ハマウイング 低炭素水素サプライチェーンの効果 事業化の可能性の検証

●3 今後の本格運用の概要(2017年7月〜)

風力発電 ハマウイングを活用した低炭素水素の利用、管理、運用概略図

●4 今後の実証スケジュール

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 スケジュール

●5 本格運用に先駆けたトライアル(2016年11月〜2017年7月)の実施結果

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 先行実験の評価

●<参考>

●1 風力発電により水を電気分解して水素を製造するシステム

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 水素製造概略図 東芝の水電解装置

●2 最適な水素供給を行うための貯蔵・圧縮と輸送の仕組み

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 水素貯蔵 水素圧縮 概略図 トヨタビーアンドシステム 岩谷産業

●3 燃料電池フォークリフトの導入利用

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 燃料電池フォークリフト

風力発電 ハマウイング 低炭素水素を利用したサプライチェーンの実証実験 燃料電池フォークリフトの導入先 キリンビール 横浜中央卸売市場本場 ナカムラロジスティクス ニチレイロジグループ

関連トピックス
みなとみらいの風が運ぶ水素の未来

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる