情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 上半期における史上最高の業績を記録

2017年7月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェはここ数年、非常に好調な新車販売台数を記録していている。そしてその勢いは止まる様子を見せず、2017年度の上半期においても引き続き良好な業績を残した。

全世界における2017年度上半期の新車の販売台数は126,497台。これは上半期の売り上げとして過去最高記録だった2016年度と比較しても、7%の増加となる。もちろん半期に販売した台数としては新記録だ。

販売台数の中で最も大きな割合を占めるのは、やはり登場以来好調を続けるマカンだった。マカンは前年度の上半期を11%も上回る、50,000台超えという台数を記録。ポルシェのラインアップの中では手の届きやすい価格帯である点や、存在感のあるスタイリングのわりに扱いやすいボディサイズであることなどが、売れる要因なのだろう。

また全モデル中、一番の伸びを見せたのは4ドアスポーツカー、ニューパナメーラ。昨年の上半期と比較で、実に54%増の台数が販売された計算になる。このあたりはポルシェの戦略の正しさが、マーケットで証明された結果といってよさそうだ。

ミッドシップスポーツカーの718ケイマンおよびボクスターとカイエンの販売も増加している。カイエンの販売台数は35,601台だった。

地域別の増加率で見ると、世界最大の単一マーケットである中国の販売台数が、昨年同期と比較して18%プラスとなる35,864台。またポルシェにとっては、中国に次ぐ大きなマーケットである米国での販売も、27,568台と3%の伸びを見せた。ドイツでも、好調だった昨年の1%アップとなる15,474台を販売した。

セールスおよびマーケティング担当取締役であるデトレフ・フォン・プラテンは、「パナメーラに対する市場の反応は熱狂的です。パナメーラにプラグイン ハイブリッドモデルとスポーツツーリスモが加わったことで、さらに勢いは増すでしょう」と語っている。

ポルシェ 2017年度上半期 販売台数

本件に関する問い合わせは、ポルシェ ホームページまで。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる