情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン・レーシング V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作

2017年7月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティン・レーシングは、7月7日(日)にロンドンのアレクサンドラ・パレスで開催される「Red Bull Soapbox Race」(レッドブル・ソープボックス・レース)で、今年のルマン24時間レースでクラス優勝を果たしたV8 Vantage GTEのスペシャル・エディションを発表。

アストンマーティン・レーシング V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作

ソープボックス・レースは、動力を持たない手作りカートで、障害物のある坂道を下っていくレース。アストンマーティン従業員の有志チームは、「24 Seconds of Le Ally Pally」(アレクサンドラ・パレス24秒間レース)に参戦するため、V8 Vantage GTEのミニチュア・バージョンを製作した。

レッドブル ソープボックスレースに出場したアストンマーチン V8ヴァンテージ

アストンマーティンは、レッドブル・レーシングと革新的なパートナーシップを成功させているが、今回のレースでは参加者全員が同じ条件で戦うため、一切の優遇措置はない。アストンマーティンのクルーによって、細心の注意が払われ準備が進められた。

104年前、黎明期のアストンマーティン・レースカーは、ヒルクライム・レース用に設計されていたので、そのときの知識を活かすことが開発のポイントとなる。アストンマーティンのV8やV12エンジンのサウンドを愛するファンにはあまり良いニュースではないかも知れないが、今回のレースでは、もっと静かなパワーソース(つまり重力!)が搭載された。このマシンは、アストンマーティンがデザインとエンジニアリングを担当し、ニューポートパグネルのアストンマーティン・ワークスで製造された。製作には、イベント好きの有志チームが関わった。

アストンマーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは、次のようにコメントしている。「これほど大きなプロジェクトに挑戦するためには、あらゆる能力と叡智を結集することが重要です。アストンマーティンのV8 Vantage GTEは、サーキットで大きな成功を収めていますので、ソープボックス・レースに参戦するマシンを製作することは当然の決断でした。しかし、我々は、次の世界耐久選手権を来週に控えているため、このレースにオフィシャル・ドライバーを投入するわけにはいかないのが残念です!」

レッドブル ソープボックスレースに出場するアストンマーチンV8ヴァンテージ

参加者は、スピード、見た目、デザインの創造性、さらに、娯楽性でも判断される。

ウェブサイトから、アストンマーティン・レーシング・チームに投票することもできる。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる