Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】「目も口もモノをいう!ラグジュアリーブランドロゴTシャツ並みの“オラオラ”」~レクサスLC@吉田由美

2017年7月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOL.87 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

「目も口もモノをいう!ラグジュアリーブランドロゴTシャツ並みの“オラオラ”」~レクサスLC@吉田由美

2012年、レクサスの新しいアイコン“糸巻き”をモチーフにした「スピンドルグリル」がレクサスGSに採用されたときは正直‘ギョッ’としましたが、RXのようなSUVに採用されると縦にも大きくなり、RCなどではギラッギラに。どんどんインパクトが強いものとなり、レクサス車を印象深いものにしています。

レクサスLC ハイブリッドとV8の5.0Lモデルがあります

ハイブリッドとV8の5.0Lモデルがあります

そして極め付けがレクサスのラグジュアリークーペ新型「LC」のキラキラグリル。

レクサスLC スピンドルグリル

スピンドルグリルの中でも上部分と下部分ではよくみるとデザインが違うというこだわりっぷり。というか、もはやこのぐらいじゃないと物足りないかも。というわけで、ある意味期待通りの存在感。

でもこの派手さを増す「スピンドルグリル」のおかげで、レクサスの上からオラオラ系ポジションが確立。輸入車にも負けないオーラを放っています。いえ、もはやそれ以上!?

レクサスLC 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

私も赤のLC500に少しの間、試乗しましたが、このクルマに注がれる人々の視線が熱い!吉田由美調べによると「フェラーリ以上の注目度」。

しかも若い世代や女性にも人気で、「このクルマ、1300万円ぐらいらしいよ」など、クルマを見ながらの会話も聞こえてきて、意外と皆さんこのクルマについてご存知の様子。まだまだクルマ好きはたくさんいるのね!とちょっと安心しました。

つまりこの「スピンドルグリル」は、今や「シャネル」や「グッチ」というような高級ブランドのロゴが入ったTシャツ並みの、クルマ版わかりやすい価値観なのかも。

レクサスLC 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

加えてLCは、ヘッドランプも印象的。左右それぞれ3個のユニットに各1個ずつLEDが使用されています。LEDが発光した後、リフレクターとシェードで反射・配光の制御をし、レンズを通して路面が照らされます。明るさは20%アップ、ロービームで185m先まで照らすことが可能。そして「デビルマンの涙」デザイン。これもまたインパクト大!

レクサスLC テールランプ 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

と言いつつ、個人的にはリヤのテールランプのほうが推しだったりするのですが・・・その話はまた今度!(笑)

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる