Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

私、驚きすぎ?新型ディスカバリーはオフロードでもラグジュアリー!<レポート:藤本えみり/Emiri Fujimoto>

2017年7月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Peugeot_3

藤本えみり、かなりテンションあがってます!

FMヨコハマ「ザ・モーターウィークリー」DJの藤本えみりです。
今年(2017)日本に導入された、ランドローバーの「新型ディスカバリー」の試乗会に行ってきました。

限定30台で先行発売されていた特別仕様車に加えて、新たに「HSE」、「HSE LUXURY」の2グレードが登場。それぞれに、3.0L V6スーパーチャージド・ガソリン・エンジンと、3.0L V6ターボチャージド・ディーゼル・エンジンがラインアップされています。

試乗会場は、山梨県の清里にあるホテルと、野辺山のスキー場でした。山梨育ちの私ですが、6月のこの時期にスキー場に行くのは初めて。なんと今回は、そのスキー場でオフロード試乗もできちゃう試乗会だったんです。プレミアムブランドのSUVに試乗できるだけでも楽しみなのに、オフロードまで走れちゃうなんて、なんとも贅沢な体験です。

この日もまずは、恒例の、クルマとの記念撮影からスタート。

Peugeot_3

まずは念願のランドローバーの「新型ディスカバリー」と1枚!

新型ディスカバリーは、スタイリッシュで都会的なイメージのデザインですが、見てください!タイヤだけでもこの大きさ。「SUVはやっぱり大きい方が好き」と思っている私にとっては、この時点で既に目がハートマーク状態に。

その後も「車内も驚くほど広々としている。天井も高い~」、「ドアがこんなに厚い!」とワーワー騒いでいたんですが、実際に試乗してみたら、さらなる驚きがありました。

IMG_0129

ディーゼルエンジンの試乗車に乗っているハズなのに、ディーゼル独特のあのガラガラ音が聞こえないんです。これ、「ディーゼルです」と言われなかったら、全くわからなかったかも。

プレミアムクラスのクルマになると、どれも静粛性が高いものばかりですが、ディーゼルでここまで静かなクルマは初めてでした。

そして、乗り心地もウットリするぐらい上質。ガラスルーフからは真っ青な空も見渡せるし、まるで、リゾートホテルのバルコニーで優雅に過ごしているような気分になりました。

IMG_0129

さらに、オフロード体験でも驚きがあったんです(驚きすぎ…??)。

新型ディカバリーの走破性能には、走行状況によって自動でドライブモードを選択したり、過酷な路面でも一定の速度を維持して、ブレーキとアクセル操作をアシストしてくれるといった、(私には詳しく説明できない)スゴイ技術がたくさん搭載されています。

夏場のスキー場のゲレンデって、斜面がデゴボコしている箇所もあったんですが、ディスカバリーは、そんな斜面を軽快に走りぬけて行くし、また荒れた路面を走行している時でも、乗り心地が「ラグジュアリー」だったんです。体に感じる振動が少なかったことに驚きました。

Peugeot_3

斜面も軽快!乗り心地が「ラグジュアリー」です。

試乗前の車両説明で聞いたのですが、ランドローバーのSUVの中で、ディスカバリーの特徴をひと言で表現すると、「多用途性」なんだそうです。

オンロードでもオフロードでも高い性能を発揮し、どこにでも行ける。そして大人7人が快適に過ごせる居住性もある。さらにこの新型には、スマートフォンを使って、2列目と3列目のシートを自動で操作することができる機能や、エンジンを停止すると、クルマの車高を自動的に下げて降りやすくしてくれるという機能も付いていて、装備も至れり尽くせりなんです。

そんなことを書きつつも、私は「車内に冷蔵庫が付いていること」に一番興奮していましたけど…(笑)。

IMG_0129

プレミアムSUVをこんなに真っ黒にしてしまうなんて、なかなかできない貴重な体験でしたし、私にとっては、本物のラグジュアリーに触れることができた特別な1日になりました。

IMG_0129

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる