Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル レヴォーグが大幅改良 最新の「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備

2017年7月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル レヴォーグ VM4 D型

1.6 STIスポーツ アイサイト

2017年7月3日、スバルは4WDツーリングワゴン「レヴォーグ」の大幅改良モデルを発表した。発売は8月7日から。Dタイプとなる今回は、内外装のフェイスリフトに加え、アイサイトver3を進化させた「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備としている。

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 アイサイト・ツーリングアシスト

アイサイト・ツーリングアシストのハードウエアはver3と同じで、今回はソフトウエアが進化

今回の大幅改良では、全車速域でアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を初搭載しているが、その機能はこちらで詳細解説しているので、ご覧いただきたい。

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 サイドビュー

さらに後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプなどの安全機能を新たに追加し、全方位でのドライバー支援システムを充実させている。

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 リアスタイル

走行性能は、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを高めた以外に、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性をさらに向上。また1.6Lエンジンは制御を最適化し、実用燃費を向上させる変更を行なっている。

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 運転席

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 シート

エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新し、フロントフォグランプにLEDを採用したことで、精悍なフロントフェイスに。一部グレードには新しいデザインのアルミホイールを採用。ボディカラーには新色の「ストームグレー・メタリック」も新たに追加している。

アイサイト・ツーリングアシスト 全車速追従機能付クルーズコントロール ACC

ACCでは車線、前走車の両方を検知し、渋滞や停止時でも追従機能が途切れることがない

インテリアは、インスツルメントパネルやセンターコンソール、センターパネルなど各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ディーラーオプションのビルトインナビのデザインも一新している。

スバル レヴォーグ VMG VM4 D型 スマートリヤビューミラー

リヤカメラを使用した「スマートリヤビューミラー」。オン/オフができる

また、これまでもインパネ中央上部に搭載されていたマルチファンクション・ディスプレイを5.9インチの大型カラー液晶に変更し、一段と高精細で見やすい車両情報表示となっている。

また利便性を高めるためにリヤシートの分割方式を4:2:4分割に変更したほか、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターを、「1.6GT アイサイト」を除くグレードに標準装備するなど装備の充実を図っている。

スバル レヴォーグ 諸元表

スバル レヴォーグ アーカイブ
スバル アーカイブ
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる