情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ランドローバー ディスカバリー試乗レポート ONもOFFもリッチな7人乗りフルサイズSUV

2017年7月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドローバー  ランドローバーファミリー モデル展開 ディスカバリー

2017年5月から受注開始した新型ディスカバリーは、7人乗車ができるフルサイズSUVとして5代目がデビューした。これまでオフロード性能で高い評価のあるディスカバリーだが、5代目はオンロード性能にも磨きをかけ、オン、オフ両方でランドローバーブランドに相応しい高級なSUVとしてフルモデルチェンジをした。その新型ディスカバリーにオン、オフ両方の試乗ができたのでお伝えしよう。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

ランドローバー 新型ディスカバリー 5代目 2017年5月

ディスカバリーは1989年に初代がデビューしている。当時はキャメルトロフィーに採用されるなど、道なき道を走破するアドベンチャーに最適なモデルとして認知されたが、その後、モデルポジションも徐々に変化し、現在はフルサイズのラージクラスSUVで、多用途性を製品特徴とするカテゴリーのトップブランドという位置づけになっている。

ランドローバー 新型ディスカバリー 5代目 2017年5月

ランドローバー社のモデルだから当然、高級ブランドであり、豪華であることは言うまでもないが、5代目となったディスカバリーはさらに、多用途性を前面に打ち出したユーティリティを視野にいれた高級車というポジションにいる。ランドローバー社のアイデンティティは、揺るぎない能力を持つ車両を製造し、それぞれの世界で多くのことを成し遂げられるようにすることで、ディスカバリーの開発コンセプトは世界で最も多用途性に優れたSUVということだ。

ランドローバー 新型ディスカバリー 5代目 2017年5月

ガソリンとディーゼルの両方のモデルに試乗できた。ガソリンはV6型3.0Lスーパーチャージドで340ps/450Nmというスペック。ディーゼルは同じくV6型3.0Lのターボで、258ps/600Nmという大トルクを発揮する。試乗はオンロードでディーゼル、オフロードでガソリンを選択した。

ランドローバー 新型ディスカバリー ガソリンエンジン スーパーチャージャー ディーゼルターボエンジン

Td6型3.0L・V6デイーゼル(左)とSi6型3.0L・V6ガソリンエンジン

ランドローバー 新型ディスカバリー 5代目 2017年5月 出力グラフ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる