情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン 最初の電気自動車、Rapid Eの生産を正式発表

2017年6月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは、完全な電自動車となるRapid Eを、2019年に生産することを正式に発表した。これにより、コンセプトカーの発表から2年に満たない段階で、生産計画が具体的に示されたことになる。

155台が限定生産されるRapid Eは、アストンマーティンにとって最初の電気自動車となる。アストンマーティン社長兼最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマーは、同社の第二世紀プランにおいて、低エミッションおよびゼロエミッション車の開発に積極的に取り組んでいる。

Rapid Eの生産では、オリジナルのRapid Eコンセプトの製作に携わったウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが引き続きパートナーとして協力するす。英国オックスフォードシャー州グローブに本拠を置くウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングは、エンジニアリングの統合をはじめとする複雑な開発作業において、アストンマーティンを支援する予定。

アストンマーティン 最初の電気自動車、Rapid Eの生産を正式発表

今後発表されるRapide AMRコンセプトをベースにするRapid Eは、4ドアスポーツカーの優雅なスタイルの中に、6リッターV12エンジンに代わる電動パワートレインが搭載され、Rapide Sと同等のダイナミックな走行性能を発揮します。Rapid Eの電動パワートレインに関する詳細は、順次発表されます。Rapid Eは、瞬時にパワーが立ち上がる電気モーターの特性により、従来のアストンマーティンでは体験できなかった、ユニークなドライビング・エクスペリエンスを提供する。

アストンマーティン 最初の電気自動車、Rapid Eの生産を正式発表

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる