情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】「あんな坂、こんな坂の思い出をハッピーに刻む「MINIクロスオーバー」@吉田由美

2017年6月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOL.86 吉田由美のピンポイント&チャームポイント

「あんな坂、こんな坂の思い出をハッピーに刻む「MINIクロスオーバー」@吉田由美

今年1月(2017年)。イギリス・ロンドンで行なわれた新型「MINIクロスオーバー」の試乗会。「MINIといえばイギリス生まれだし、久しぶりのロンドン♡」と浮かれていた私でしたが、行ってみるとロンドン…にはかすりもせずに郊外。しかもずーっと田舎のほう(笑)。

イギリス・ロンドンで行なわれたMINIクロスオーバー試乗会・吉田由美

よく考えてみたら「MINI」と言っても「クロスオーバー」の場合、本名は「カントリーマン」。日本以外でのネーミングどおり、街乗りでもオフロードでもイケるSUVなのです。

トピックはいくつかありますが、そのうちのひとつが間違いなくアップサイジング。ボディサイズは全長4515mm×全幅1820mm×全高1595mm。と文字通りひとまわり大きくなり、これまでよりワンクラス大きなセグメントにお引越し。

イギリス ロンドン・MINIクロスオーバー試乗会・吉田由美

というわけでライバルもこれまで以上に強豪ひしめくカテゴリー。ちなみにライバルは「BMW X1」「アウディQ3」「VWティグアン」「「レンジローバー イヴォーク」「メルセデスベンツ GLA」あたりでしょうか。でもむしろ大きくなったことで、使い勝手も向上したようです。

MINIクロスオーバー・後方視界

デザインはひと目でMINIとはわかりますが、特徴的なのはフロントライト。MINIといえばライトも丸ではないにせよ、楕円だったり日本的に丸っこいものが多いのですが、MINIクロスオーバーは少し角がある印象的なライト。これなら霧の中でも夜間でも、存在感があります。ユニセックスなイメージのMINIブランドの中でクロスオーバーは、‘頼れる’タイプというポジションなのかも。

MINIクロスオーバー・リアゲート with 吉田由美

MINIクロスオーバーならではの装備といえば、まずはラゲッジに装備されているシート。ラゲッジを開けたときに、そのまま座ることができます。

MINIクロスオーバー・カントリータイマー

そしてMINIカントリータイマー。これは坂道や悪路での走行を記録する機能でMINIクロスオーバーにしか装備されていないもの。MINIクロスオーバーは、どんな‘いばらの道’(?)でも楽しい思い出として刻んでくれる‘頼もしいパートナー’になりそうです。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる