情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 「アイサイトver3」がさらに進化 全車速追従機能は、渋滞時でも完全追従

2017年6月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月5日に既報のようにスバル・レヴォーグ、WRX S4が年次改良を行ない今夏、発売する。すでに公式WEB上ではその概要も紹介されていて、年次改良の最大の注目点はアイサイトver3がさらに進化したことだ。その詳細をお伝えしよう。

スバル 「アイサイトver3」がさらに進化 全車速追従機能は、渋滞時でも完全追従

スバル 「アイサイトver3」がさらに進化 全車速追従機能は、渋滞時でも完全追従

■進化したアクティブ・クルーズコントロール機能

ステレオカメラを使用したアイサイトver3のこれまでの機能は、プリクラッシュ自動ブレーキ、危険回避アシスト、AT誤発進抑制、AT誤後退抑制、車間距離、車線逸脱、ふらつき警報、車線中央維持、車線逸脱抑制のアシスト、全車速追従クルーズコントロール、先行車発進告知などだ。

安心・安全に使えて疲れないクルマ

今回進化したポイントは、日常で常用される全車速クルーズコントロールの機能と、ステアリング・アシストの機能だ。図のように、クルーズコントロールが設定できる最高速度が実速120km/h(メーター表示上は135km/h)までとなり、低速側では30km/hでセットできるようになっている。従来は60km/h以上でしか設定できす、最高速も114km/hだったから大きな進化といえる。

アイサイト・ツーリングアシストとは

またクルーズコントロールが設定された状態で40km/h以下にスピード落ちたり、ストップ&ゴーの渋滞が発生した場合でも、クルーズコントロール機能が途切れることなく完全追従できるようになっている。つまり渋滞などでは前走車に接近することで、車線がステレオカメラで読み取れなくなり、クルーズコントロールはキャンセルされていた。がしかし、今回は車線が検知できなくても、あるいは片側車線しか認識できない場合でもステレオカメラは前走車をロックオンして追従走行ができるようになった。

スバル アイサイト・ツーリングアシスト ハンドル制御の動作1

スバル アイサイト・ツーリングアシスト ハンドル制御の動作2

スバル アイサイト・ツーリングアシスト ハンドル制御の動作3

例えば、車線が明瞭でなく、片側車線しか検知できない時は、片側の車線と前走車を検知することで稼働。また、両側の車線が検知できない場合は、前走車の進路に自動追従する機能が備わったことで、これまでのクルーズコントロールが途切れることがなくなるというわけだ。このような状況の時、ディスプレイ上では車線の認識表示に加え、前走車をブルー枠で囲った表示になる。

スバル アイサイト・ツーリングアシスト

スバル アイサイト・ツーリングアシスト

スバル アイサイト・ツーリングアシスト

こうした機能が加わったことで従来の「アイサイトver3」という名称は「アイサイト ツーリングアシスト」に変更されている。つまり、新たなクルーズコントロール機能となったことで、日常のドライビングを安心、安全で疲れないクルマにするという意味を込めた「ツーリングアシスト」という名称になったわけだ。

スバル アイサイト・ツーリングアシスト

なお、クルーズコントロールがセットされている状態ではステアリングは自動的に車線の中央を走行し、渋滞時に車線が認識できない場合は前走車を追従するように作動する。そして、ドライバーのステアリングホイール手放しは10秒以内までは許容され、10秒を過ぎると警告音が鳴り、約20秒でクルーズコントロールは自動的にキャンセルされるようになっている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる