情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ダイハツ 新型ミラ イース 試乗レポート 軽自動車に新しい価値観をつくる

2017年6月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型ミラ イースは2017年5月9日に6年振りのモデルチェンジを行なって発売されたが、発売から1ヶ月間で受注台数は2万台に達するなど好調な滑り出しだ。この新型ミラ イースに試乗するチャンスがやってきたので早速レポートしよう。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

ダイハツ 新型ミラ イース 試乗レポート 軽自動車に新しい価値観をつくる

ダイハツ ミラ イース X“SA Ⅲ”

ミラ イース X“SA Ⅲ”

■新型ミラ イースの開発コンセプト

新型ミラ イースの開発コンセプトは、「超深化エコ&スマート」とされているが、もうひとつのテーマがある。それはダイハツがトヨタの社内カンパニー制度の中でコンパクトカー・カンパニーを担当することだ。この決定により、新たにダイハツは、グローバルに展開できる性能持つDNGA(ダイハツ・ニューグローバル・アーキテクチャー)を開発することが必要となったわけだ。こうした背景のもとで開発された今回のミラ イースは、DNGA開発の序章とされ、相当に力の入った開発ということができる。

ダイハツ 新型ミラ イース

開発にあたって、徹底的な軽量化やコストカットを行なう一方で、商品企画としてはユーザー調査を重視し、その結果としてJC08モード燃費の0.1km/L単位の競争より走りを良くすること、特に加速性能を改善することを目指した。

ダイハツ 新型ミラ イース コックピット

ダイハツ 新型ミラ イース シート

先代のミラ イースは、大量EGR(排ガス再循環)、吸気バルブ遅閉じのアトキンソンサイクル、デュアル・ポートインジェクター、CVTの高効率化など「イース(e:S)テクノロジー」を採用した第3のエコカーとして登場し、燃費は30.0km/hをアピールした。しかし、その後競合車に対抗するために、ファイナルギヤ比を高め35.2km/Lを達成している。

KF型3気筒エンジン。49ps/6800rpm、58Nm/5200rpm。全グレード共通スペックだ

KF型3気筒エンジン。49ps/6800rpm、58Nm/5200rpm。全グレード共通スペックだ

しかし、燃費重視のCVT特性やハイギヤード化により、市街地での出足が鈍い、上り坂で加速しない、というユーザーの評価となっている。それと同時にはユーザー層は購入時にカタログ燃費を重視していないことも調査で判明した。ユーザー層はJC08モードのカタログ燃費と実用燃費の差を理解しており、カタログ燃費での数値に惑わされないことも理解している。したがって、ストレスのない加速、安心感のある走りがアピール点になるわけだ。

Xグレード以下に装着される155/70R13サイズのタイヤ&スチールホイール

Xグレード以下に装着される155/70R13サイズのタイヤ&スチールホイール

こうした背景のもとで、新型ミラ イースは80kgという驚異的な軽量化を燃費の数値向上に回さず、加速性能の向上を目指した。そのためJC08モード燃費は35.2km/L(車両重量650kgのL、Bグレード。車重670kgのG、Xグレードは34.2km/L)と従来レベルと同じレベルになっている。なお車両重量の比較では、ライバルのアルトと同等グレードより10〜20kgほど重い。

■試乗して

試乗したのは、155/70R13サイズのタイヤ&スチールホイールを装着するX“SA Ⅲ”と、155/65R14サイズのタイヤ&アルミホイールを履いたG“SA Ⅲ”の2グレードだ。それぞれに“SA Ⅲ”の名称がついているように、歩行者も検知できるステレオカメラ式のスマートアシストⅢを標準装備している。

ミラ イース G“SA Ⅲ”

ミラ イース G“SA Ⅲ”

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる