情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボッシュ 事故前後の車両情報を解析する「クラッシュデータ・リトリーバル」を日本で発売

2017年6月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月1日、ボッシュは東京で開かれた「オートサービスショー」で、交通事故前後の車両情報を記録するイベントデータレコーダーから車両情報を読み出す「クラッシュデータ・リトリーバル(CDR)」を発表し、2017年夏に発売する。

イベントデータレコーダーを内蔵するエアバッグECU(左)とボッシュのクラッシュデータ・リトリーバル(CDR)

イベントデータレコーダーを内蔵するエアバッグECU(左)とボッシュのクラッシュデータ・リトリーバル(CDR)

クラッシュデータ・リトリーバルとは、クルマのエアバッグ制御ECUに内蔵されているイベントデータレコーダーに記録される事故データを読み出すツールだ。ボッシュのクラッシュデータ・リトリーバルは17年の実績を持ち、現在17メーカー・51ブランドに適合する世界No1の事故解析ツールとなっている。

ボッシュ 事故前後の車両情報を解析する「クラッシュデータ・リトリーバル」を日本で発売

イベントデータレコーダーは、アメリカ、ヨーロッパ、そして今後は韓国、中国でも法規により車両に装備が義務付けられているが、残念ながら日本では装備が義務付けられておらず、現在の装着はホンダ、マツダ、トヨタ、日産、スズキに限られている。

イベントデータレコーダーは、交通事故の発生と同時にエアバッグやベルトシステムが起動するのに合わせ、事故発生5秒前から車速、エンジン回転数、ステアリング切り角、アクセル開度、ブレーキの作動状態、ベルトの作動、エアバッグの作動、車両の受けたGなど車両の情報を記録する装置だ。

プレクラッシュサンプルデータ

クラッシュデータ・リトリーバルは、事故後にイベントデータ・レコーダーに記録されているデータを読み出し、解析用のデータとしてパソコンで見ることができるようにするツールだ。

多重事故の場合でも、どのクルマが原因かがデータで解明できる

多重事故の場合でも、どのクルマが原因かがデータで解明できる

これを利用すれば、多数のクルマが絡んだ事故でも、どのクルマが原因となっているかを事後に正確に判断することができるわけだ。

このため、クラッシュデータ・リトリーバルは海外では保険会社の事故調査員、警察、自動車メーカー、多数の車両を保有する企業などが導入しており、日本でも同様のユーザーが想定されている。

ボッシュ 事故前後の車両情報を解析する「クラッシュデータ・リトリーバル」を日本で発売

なお、クラッシュデータ・リトリーバルから得られる車両データは専門的な項目のため、これらのデータを解読するために、専門のトレーニングを受けた「CDRアナリスト」が必要となるため、ボッシュはトヨタ、科学警察研究所などと協力してまずCDR認定トレーナーを養成し、そのCDR認定トレーナーがユーザーであるCDRアナリストを養成するという計画だ。

ボッシュ アーカイブ
ボッシュ 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる