Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

第85回ル・マン24時間レース開幕近し。TOYOTA GAZOO Racingは悲願の初優勝を目指し3台体制で参戦

2017年6月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第85回ル・マン24時間レースは2017年6月14日の公式予選1回目(2時間)、翌15日に2回目の公式予選(2時間×2回を経て決勝レースのスターティンググリッドを決定し、6月17日(土)の現地時間15時にレースがスタートする。

1985年に初参加したトヨタチームは、これまでの5回の準優勝を獲得している。とくに2016年は、ゼッケン5のTS050HYBRIDが残り3分までトップを快走していながら、残り3分というところで車両にトラブルが発生しリタイヤ。ゼッケン6のTS050HYBRIDがその結果2位を獲得したものの、ついに初優勝かと思われていただけに、非常に残念な結果となった。

今回のル・マンにTOYOTA GAZOO Racingは3台の2017年仕様TS050HYBRIDを投入。6月4日に行なわれた公式テストデーではこの3台がベストタイムのトップ3を占めるという好調さを見せている。この2017年バージョンTS050HYBRIDは、今シーズンのWEC(FIA世界耐久選手権)初戦と第2戦で優勝しているだけに、今年こそル・マンでの初優勝を期待したいところだ。3台のドライバーラインアップは以下の通り。

#7/小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ステファン・サラザン

#7/小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ステファン・サラザン

#8/中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビットソン

#8/中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビットソン

#9/ニコラス・ラピエール/国本雄資/ホセ・マリア・ロペス

#9/ニコラス・ラピエール/国本雄資/ホセ・マリア・ロペス

小林可夢偉選手

「我々にとって最重点のイベントで、チーム全員が待ち望み、士気は最高に高まっています。準備は充分に出来ていると思いますので、レースウィークを迎えるのが楽しみです。今年は我々にとって大きなチャンスだと思っていますし、そのためにも全てを順調に、間違えの無いように進めなくてはなりません。信じられないほど長いレースなので、完璧な準備が要求されます。昨年のレースの後、チームは一丸となって努力を続けて来ましたし、チャレンジへの準備は万端です」

中嶋一貴選手

「ル・マンは大好きなサーキットですし、とても素晴らしいイベントなので、本当に楽しみです。我々は今季の開幕から2戦連勝しましたが、ル・マンは別物だということはとても良く分かっています。ル・マンで勝つのは本当に大変で、そのためには速さだけでなく、信頼性と運も必要です。我々のTS050 HYBRIDの速さはテストデーで確認出来ましたし、準備は順調です。チームは総力を挙げてル・マン勝利へ向け努力を続けています」

国本雄資選手

「いよいよドライバーとして初めてル・マンのレースウィークを迎えることになり、とてもワクワクしています。兄の京佑が2009年にル・マンに出場したことがあり、その時に帯同したので、このイベントの素晴らしさは知っていました。テストデーで実際に走ってみると、すぐにこのコースが好きになりました。これから決勝へ向けて学ぶこと、やらなくてはいけないことがたくさんありますが、本当に楽しみです」

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる