情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

プジョー3008GTLine 試乗レポート FFでも走破力が高く高級な印象の新型SUV

2017年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悪路走破性もアピールするSUVのプジョー3008

悪路走破性もアピールするSUVのプジョー3008

プジョーのCセグメントSUV 3008に試乗した。2017年4月10日に国内デビューをしたが、先行する欧州では2016年度の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した注目のモデルでもある。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

FFモデルだが、ヒルディセントとアドバンスト・グリップコントロールで走破

FFモデルだが、ヒルディセントとアドバンスト・グリップコントロールで走破

プジョージャポンでは、SUV元年という位置づけにしている新型3008のデビューだが、プジョーのSUVは、先行して発売されている2008と2017年9月に発売される5008の3モデルの展開を予定している。今回試乗したモデルは1.6Lガソリンターボを搭載する「3008GT Lineデビューエディション」で試乗時では180台限定のモデルで価格は400万円のモデルだった。が、2017年6月1日からGT Lineもカタログモデルとしてラインアップすることが決定し、価格は396万円の設定になっている。ちなみに搭載するエンジンは、試乗車と同様の1.6Lガソリンターボだ。

試乗車はGT Lineの1.6Lガソリンターボモデル

試乗車はGT Lineの1.6Lガソリンターボモデル

■モデルラインアップ

エントリーグレードは3008アリュールで354万円。トップグレードは3008GT BlueHDiで2.0Lディーゼルターボを搭載するモデル。価格は426万円だが、ディーゼルに関しては導入が少し遅れて8月を予定している。

曲線をつかったサイドビューもバランスがいい

曲線をつかったサイドビューもバランスがいい

ボディサイズは全長4450mm、全幅1840mm、全高1630mmホイールベース2675mmというサイズのSUV。駆動方式はすべてFFとなっている。また、トランスミッションはアイシンAW製の6速ATを搭載している。

曲線と直線の使い方が綺麗でカッコいい

曲線と直線の使い方が綺麗でカッコいい

■ディテール

ガソリンエンジンはPSAとBMWとの共同開発された1.6Lエンジンで出力は165ps/240Nm。1400rpm-3500rpmで最大トルクを発揮するダウンサイジングコンセプトらしく低回転域で使いやすいエンジンだ。JC08モードは14.5km/Lとなっているが、プジョー・シトロエンジャポンの社内テストでは高速道路で18~19km/Lの実用燃費を計測できているという。

1.6LガソリンターボはBMWとの共同開発。ATはアイシンAW製で6速

1.6LガソリンターボはBMWとの共同開発。ATはアイシンAW製で6速

また、2.0Lディーゼルターボは尿素SCRを使用するタイプで、180ps/400Nmの高出力を持っている。もちろん100%エコカー減税の対象だ。また、JC08モード燃費では18.7km/Lとなっているが、同様に社内テストでは25km/L以上の実用燃費だという。

現状の国内販売ではクリーンディーゼルの人気が高く、全体の8割程度がディーゼルを選択しているということだが、モデルの供給不足もあるので、供給が間に合うとバランスも変わってくると説明していた。

存在感のあるフェイスとまとまりのあるデザインはスタイリッシュだ

存在感のあるフェイスとまとまりのあるデザインはスタイリッシュだ

新型3008のエクステリアデザインはSUVらしいルックスでまとまっている。フロントのラジエターグリルがチェッカーフラッグを模したデザインも新鮮で、またLEDのヘッドライトも、シャークフィンをモチーフにしているということで精悍な印象もある。ボディサイドはプランス車らしく曲線をセンス良く使い、ボリューム感と高級感のあるデザインにまとめている。リヤビューではテールレンズの3本線が印象的だ。こちらはライオンの爪痕をイメージしているプジョーのアイデンティティでもある。

Cピラーの処理が独特で、上下3か所のシルバーのモールがアクセントになっている

Cピラーの処理が独特で、上下3か所のシルバーのモールがアクセントになっている

インテリアは、なんといってもi-Cocpitの採用だ。小径ハンドル、ヘッドアップインスツルメントパネル、大型タッチスクリーンの3点で構成されるインテリアは、センス良くまとめられている。

■インテリアのハイセンス

全体をブラックでまとめ、シックでありつつ高級感もある

全体をブラックでまとめ、シックでありつつ高級感もある

インテリア全体をブラック系のカラーでまとめ、スポーティさと高級感を感じさせる。また、ダッシュボードやセンターコンソールなどの造形も凝ったデザインで、シンプルで直線的な内装を持つ高級ブランドとは一線を画すセンスを感じさせる。

クロスをダッシュボードに使うセンスに感心する

クロスをダッシュボードに使うセンスに感心する

また、素材にも凝っていて樹脂、クロス、合皮レザー、ピアノブラック、鈍色のシルバーなど部位による使い分けが上手で、高級素材ではないものの、高級なインテリアとして印象づけられるセンスはさすがプジョーらしいと感心する。また、シートはGT Lineということもあり、サイドサポート性が高いスポーティなシートが装備されていた。

写真からもオフセットしているのがわかる

写真からもオフセットしているのがわかる

しかしながら、ペダル配置のオフセットやキャビンフォワードの影響でのペダルポジションには、多少の違和感はあった。また、シートポジションはアップライトでフロントウインドウの視界はスッキリしている。ワイパーブレードやルームミラーなどの視界を邪魔するものがなく、視界確保への配慮を感じる。

新デザインの小径ハンドル。上下がフラットなデザインになった

新デザインの小径ハンドル。上下がフラットなデザインになった

小径ハンドルは、見た目は違和感やスポーティさとして目に映るが、運転してみるとその違和感は全くない。今回のモデルには新デザインが採用され、上下がフラットになったデザインでさらにイナーシャを予感させる形状なのだが、転舵してもまったく不自然さがない、というのもプジョーならではなのだろう。

液晶のメーターパネルは表示モードも選べる

液晶のメーターパネルは表示モードも選べる

デジタルのメーターパネルはデザイン変更ができ、またタコメーターの逆方向からの回転表示も継承されたユニークデザインだ。ナビ機能を備えた大型のタッチスクリーンは直感的に操作できるが、左手の操作のため優れた操作性とは言いにくい。利き手が左であれば使いやすいであろうが。また、タッチパネルは操作がシンプルではあるが、階層が深くなる問題もあり、パネル下にはトグルスイッチでよく使う項目がショートカットできるようになっているアイディが採用されいてる。

ショートカットキーとなるトグルスイッチが並ぶ

ショートカットキーとなるトグルスイッチが並ぶ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる