情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ ドリフトモードを採用した「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」

2017年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2017年5月31日、「メルセデスAMG E63S 4MATIC+」を発表。全国の正規販売店ネットワークを通じて発売を開始した。2017年に設立50周年を迎えるAMGのスペシャルモデルに相応しく、エンジンとトランスミッションを一新。0-100km/h加速はセグメントトップの3.4秒で走り抜け、新機能の「4MATIC+」と「ドリフトモード」を搭載している。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+

メルセデスAMG E63S 4MATIC+

AMG E63S 4MATIC+の心臓部には、メルセデスAMG社が完全自社開発したスポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG製の4.0L・V8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されている。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なユニットを実現。またシリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減している。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ クランク・シリンダー

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく、内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとした。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域から優れたレスポンスを実現。AMGが独自開発したこれらの最新技術により、E63S 4MATIC+は排気量が1.5L小さくなったにも関わらず、最高出力612ps(450kW/先代比+27ps&+20kW)、最大トルク850Nm(先代比+50Nm)を発揮。0-100km/h加速は3.4秒(先代比-0.2秒)と、セグメントトップの動力性能を実現している。

メルセデスAMGは燃料を効率的に消費するため、V型8気筒直噴ターボエンジンに今回初めて気筒休止機能を搭載している。これはComfortモードで走行中、エンジン回転数が1000~3250rpmで低負荷の際に、2番/3番/5番/8番のシリンダーを休止することで、燃料消費量とCO2排出量を抑えることができるというものだ。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ エンジン

次にAMG E63S 4MATIC+には、磁性流体エンジンマウントを搭載している。各種センサーからの情報によりドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを自動で調整。通常走行時は柔らかいマウントによってドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断し、快適性を高めている。またダイナミックなドライビング時にはマウントを硬くすることで、ドライブトレインのロールモーションを減少し、クイックなコーナリングを実現する。

サウンド面でのチューニングにも抜かりはない。排気管内に3つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じ、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時にエモーショナルなサウンドを響かせたり、長距離クルージングでは落ち着いたサウンドで大人の味わいを感じさせることもできる。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ ドライブトレイン

MAX612psのパワーを4輪に最適配分するために、AMGが開発した新しい4輪駆動システムが「AMG 4MATIC+」だ。前50:後50から前0:後100の範囲で、前後に最適なトルクを可変配分。発進時はもちろん高速走行、ハイスピードコーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいても絶対的な安定性を誇り、思いのままのドライビングを楽しむことができまる。さらに、駆動配分を前0:後100の完全後輪駆動にすることで、サーキット走行時などにおいて、ドライバーの意のままに操ることができる「ドリフトモード」を新たに搭載している。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ トランスミッション

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用した、63シリーズ初の電子制御式9速トランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」の搭載もトピックのひとつ。これによりダイレクト感のある素早い変速と高い伝達効率を実現。軽量化も相まって燃費の大幅な向上とレスポンス向上に貢献している。特に高速走行時などにアクセルから足を離すとエンジンとトランスミッションを切り離すセーリング機能を持つC(Comfort)モードでは、その効果が絶大だ。

そのほか、よりスポーティなドライビングが楽しめS(Sport)とS+(Sport Plus)、さまざまなパラメーターを個別に設定できるI(Individual)、さらにRACEの計5モードの選択が可能。RACEモードではサーキット走行のためにすべてのパラメーターを変更。シフトダウン時に1速飛ばしたギアを選択したり、自動ダブルクラッチ機能など効率良くシフトチェンジを行ってくれる。なお、AMGリミテッド・スリップ・デフでは走行状況に応じてロッキング機構を電子制御することで、トラクションを高めて、限界領域におけるコーナリングスピードをいっそう向上させる。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ 足回り

メルセデスの「AIR BODY CONTROLサスペンション」をベースに、AMGが開発した「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」は、コーナリングやブレーキング時にはスプリングレートを瞬時に上げることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する。さらに走行状況に合わせて4輪それぞれを電子制御する連続可変ダインピングシステムを採用。快適な乗り心地からダイナミックな走りまで、センターコンソールのスイッチで「Comfort/Sport/Sport+」の3モードが選択可能だ。高速走行時には車高を下げて走行安定性を向上させる機能も備えている。

なお、前述したトランスミッションのシフトプログラムに加え、エキゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP、ECOスタートストップ機能が連動して変化する「AMGダイナミックセレクト」も備えている。快適なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステムだ。5つのモードについての説明は重複するので、ここでは割愛する。

エクステリアでは、Aピラーより前方を専用デザインとしている。メルセデスAMGのセダンとして初めて、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込むクーペ的なデザインを採用。通常のEクラスよりもワイドなフェンダーは、フロントのトレッド拡大とホイール大型化に対応するものだ。また前9.5J×20、後10J×20のセンターロックホイールデザインを採用した鍛造の「マットブラックペイント20インチAMGクロススポークアルミホイール」を標準装備している。

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ コックピット

メルセデスAMG E63S 4MATIC+ インテリア

インテリアには、リム下部がフラットな形状のAMGパフォーマンスステアリングホイールを採用。運転席と助手席のシートはラテラルサポートが強化されている。さらに独特のシートカバーレイアウトに、ブラックナッパレザー/ナッツブラウンナッパレザー/マキアートナッパレザーの3種類を設定。ドアセンターパネルはシートに合わせた専用デザインとなっている。AMGインストゥルメントクラスターはあらゆる重要情報をドライバーの視野内に表示。大型で読み取りやすいディスプレイはチェッカーフラッグ風のダイヤルや独特な字体を採用することで、スポーティな仕上がりとなっている。

メーカー予定小売価格(消費税込み)は1774万円。ステアリング位置は左右どちらも選択可能だ。

メルセデスAMG・Eクラス中古車情報

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる