Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ 新型「Eクラスクーペ」を発売

2017年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2017年5月31日、新型の「Eクラスクーペ」を発表。全国の正規販売店ネットワークを通じて発売を開始した。新型はメルセデスの最新デザインを取り入れた流麗かつスポーティなエクステリアを特徴とし、セダンと同様の安全性と快適性を実現。混雑時や高速道路での渋滞の際に、自動運転によりドライバーへの負担を軽減する安全運転支援システムのインテリジェントドライブを備えている。

メルセデス・ベンツ 新型「Eクラスクーペ」を発売

Eクラスクーペは初代の250Cおよび280CE(114/115シリーズ)が1968年に発表されて以来、ほぼ50年の歴史を持つ。同モデルのセダンをベースに2ドアモデルとし、Aピラーより後方をクーペ専用デザインとする手法は不変だ。いつの時代も流麗なルーフライン、サッシュレスウインドウとBピラーレスによる広い車窓を特長としてきた。またクーペでありながら乗員が快適に過ごせる室内空間とラゲッジスペースを確保し、最新の安全技術を搭載してきた。

Eクラスクーペ

Eクラスクーペ

インテリアでは、12.3インチの高精細ワイドディスプレイ2つを1枚のガラスカバーで融合させた「コックピットディスプレイ」を採用。次にタービンエンジンをイメージしたフォルムを持つ4連のエアコン吹き出し口をインパネ中央に配置。シルバーシャドウで仕上げられ、片翼に複数のエンジンを擁したジャンボジェット機を見ているような気分にしてくれる。ステアリングにはインフォテイメントの各機能などをスワイプ操作で選択できるタッチコントロール機能を備えている。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ エアコン吹き出し口

ボディサイズもセダン同様に先代に比べて大型化。特に後席のレッグルームが74mm、ショルダールームが34mm、そしてヘッドルームが15mm拡大したことで、室内空間と快適性が格段に向上。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ ボディ

搭載エンジンは直列4気筒の2.0L直噴ターボとV型6気筒の3.0L直噴ツインターボ。いずれも第3世代直噴システムのBlueDIRECTテクノロジーを採用。2.0L直噴ターボはE200クーペ/E200クーペスポーツでは最高出力135kW(184ps)、最大トルク300Nm(30.6kgm)を、E300クーペスポーツで最高出力180kW(245ps)、最大トルク370Nm(37.7kgm)を発生する。さらにV6の3.0L直噴ツインターボでは最高出力245kW(333ps)、最大トルク480Nm(48.9kgm)を発生して4輪を駆動。トランスミッションは全車9速ATの「9G-TRONIC」を組み合わせている。

自動運転開発の次のステップとメルセデスが位置付ける「インテリジェントドライブ」も採用する。安全運転支援システムのレーダーセーフティパッケージのほか、先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両/車線/ガードレールなど平行な物体)を常に監視して、従来よりもステアリングアシストが作動する状況を大幅に拡大。しかも、車線が不明瞭または表示されていない場合には、先行車を追従する機能も備えている。

またシステム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減。ドライブパイロットのその他の革新技術、「アクティブレーンチェンジングアシスト」は、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更してくれる優れものだ。

価格などは以下を参照。

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ 価格表

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ LEDクリスタルルック

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる