情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ 自動車リサイクル法に基づく2016年度再資源化などの実績を公表

2017年6月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目について、2016年度(2016年4月1日から2017年3月31日)の再資源化などの実績を公表。

ユーザーが預託したリサイクル料金によって、全国で特定3品目の再資源化を行なっており、2016年度はASR引取りが台数で14万台、重量で約2万8100トン、うち約2万7600トンを再資源化した。ASRの再資源化率は前年実績を上回る97.9%となり、2015年度以降の法定基準70%を2008年度から継続して達成、車両のリサイクル実効率で99%を超えている。

さらにエアバッグ類は、12万台(45万個)を引き取り、回収処理または車載状態のままで展開し、リサイクルする車上作動により再資源化を行なった。エアバッグ類の再資源化率は93.6%と法定基準85%を上回った。また、フロン類についても13万台を適正に処理した。

特定3品目の再資源化などに要した費用の総額は13.9億円で、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金の総額は16.0億円、全体収支は2.1億円の黒字となった。このため、2012年導入の新型車より最新の実績を反映したリサイクル料金の見直しを実施している。

マツダのリサイクル法への取り組み内容について、詳細はマツダWEBサイトも参照。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる