Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 動画「東京おもちゃショー2017」に自動車学校を模したブースを出展

2017年5月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、2017年6月1日(木)から4日(日)までの4日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「東京おもちゃショー2017」に、親子で楽しくクルマの運転を体験できるブースを出展する。

トヨタは「クルマが持つ“夢”や“楽しさ”を次世代へと伝えていきたい」、「クルマを親子でもっと身近なものとして感じてもらいたい」という想いから、2012年より毎年、子供向けに様々なコンセプトカー「Camatte」を「東京おもちゃショー」に出展している。

今回の出展では、子供がクルマのハンドル、アクセル、ブレーキの操作を学び、ブースにあるコースを実際にクルマで走行し、免許証を取得するまでを疑似体験できる自動車学校「Camatte School」を開催する。このような、子供が実際にクルマの運転を体験できるブース出展は、今回が初めてとなる。

「Camatte School」の走行コースで運転するクルマは、「Camatte」の新たな仲間「Camatte ペッタ」である。「Camatte ペッタ」は、車両外板に様々なアイテムをマグネット(磁石)で名前の通りペタペタと貼り付け、自分好みにデコレーションできるクルマとなっている。

さらに、小さな子供向けには、運転を疑似体験できるドライビングシミュレータでクルマの操作を学び、展示されている「Camatte 57s」(2013年出展)への乗り込み体験後に、仮免許証が発行される別プログラムを用意している。

■<具体的な体験内容・手順>

お子様向け自動車学校「Camatte School」
1、ドライビングシミュレータでハンドル、アクセル、ブレーキの操作を習得
2、クルマの外板をデコレーションする5種類のデザインパターンから自分の好きなパターンを選択
3、選択したパターンの各アイテムを「Camatte ペッタ」に貼り付け、自分仕様に「Camatte ペッタ」をデコレーション
4、自分仕様にデコレーションしたクルマで、ブース内の走行コースを運転
5、運転体験後、顔写真付き免許証を取得

■<「Camatte ペッタ」概要>

Camatte ペッタ 諸元

(参考)「Camatte」シリーズの概要
トヨタは、2012年に子供が運転でき、かつボディを着せ替えることで、色やスタイルが変更可能なクルマ「Camatte そら」を初出展。翌2013年には、57枚の小型パネルを使い、パズル感覚で組立て可能な「Camatte 57s」を公開。さらに2014年には、ブース全体でクルマの動く仕組みを学びつつ、子供が自分で描いた絵をフード表面に映し出すことができる「Camatte Lab」を、2015年には、AR(拡張現実、Augmented Realityの略。現実世界に現実以上の情報を提示する技術)を用いて、自分が選択した好みのクルマで街中を走る疑似体験ができる「Camatte Vision & Camatte はじめ」、2016年には自分好みの空間をつくるトレーラー「Camatte Capsule」を出展している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる