情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

フェラーリ 812スーパーファストを日本で初披露

2017年5月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリは、2017年3月に開催されたジュネーブショーで、F12ベルリネッタの後継モデルとなるV型12気筒エンジン搭載のフロント・ミッドシップ・スポーツカーとして、812スーパーファストを発表したのは記憶に新しい。その最新モデルの実車が、いよいよ日本でも初披露された。

Ferrari 812 Superfast

Ferrari 812 Superfast

2017年5月24日に赤坂プリンス クラシックハウスでお披露目となった812スーパーファストは、グリジオ カルド オパコと呼ばれるグレー系メタリックのボディを持った車両。F12の面影は残しながらも、ひと目で空力デザインが大幅に進化したことを感じさせる、ダイナミックなフォルムに仕上げられている。

フェラーリ 812スーパーファスト エンジン

注目のV12エンジンの排気量は6.5L。最高出力は800PS/8500rpmに達し、これはフェラーリのプロダクション車両としては歴史上最強のスペックとなっている。リッターあたり123PSという比出力にしても、これまでのフロント・ミッドシップエンジン車両では到達できなかった数値だ。

また最大トルクは718Nm/7000rpm。しかもその80%以上を3500rpmから発生させることが可能なため、単に高出力というだけではなく、低回転域でのドライバビリティも充分に確保されている。

ボディは、外形的にエアロダイナミクスに優れているだけじゃない。アンダーボディ前部に設けたアクティブフラップ、エアロ・デバイス・クラスターが組み込まれた多機能フロントセクション、ボディ後方のエアロダイナミック・バイパスなど、数多くの技術が盛り込まれている。

その結果、F12と比較すると、ダウンフォースは10%も増加。リヤ・フェンダーダクトのダウンフォースも8%増加している。

フェラーリ 812スーパーファスト コックピット

インテリアもすべて、完全に再設計されている。キャビンはよりスポーティに、これまで以上に先進的なものとなった。主要な構成物がまるで浮かんでいるよ うに配置され、中央のエアベントを挟むように水平に広がるダッシュループは、スタイリッシュで洗練された彫刻のような印象に仕上げられている。

新しくなった シートはよりスポーティで人間工学的となり、周囲には新しいマンマシンインタ ーフェースにのっとって、新型ステアリングホイールやインストルメントクラスター、そして最新のインフォテインメントと、エアコンディショニングユニットが配置される。

このモデルのために、新色を開発された。ロッソ セッタンタンニと呼ばれる赤は、フェラーリの70周年を記念するニューカラーとなっている。

812スーパーファストの車両本体価格(税込)は、3910万円。詳細についてはFerrari 812 Superfast ウェブサイトを参照。

フェラーリ 812スーパーファスト スペック

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる