Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 「人とくるまのテクノロジー展」に人工知能技術やアウトランダーPHEVを出展

2017年5月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱は、5月24日〜26日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展。三菱の様々な技術を紹介する。

出展の概要は以下のとおり。

■人工知能技術やコネクティッドカー技術を活用した「AIパーソナルアシスタント」による新たなドライブ体験の提案

車載のAIパーソナルアシスタントが、人工知能技術やコネクティッドカー技術を活用し、乗員のことを深く理解し、乗員とともに成長するというのがこの技術の肝。運転中の安心・安全のための適切な情報を提供したり、ドライバーと家庭の人々とのコミュニケーションをサポートしてくれる。具体的に提供されるのは下記の機能。

(1)対話機能
最先端のAI技術(音声認識、自然言語処理等)により、走行騒音環境下においても乗員の発話を正しく理解し、自然な言葉で乗員と会話ができる。声紋認識やカメラを用いた人物認証機能により人物を認証したうえで、その人の会話や行動を学習し、好みやニーズに合わせたサービスを提供する。

音声認識はクラウド型(クラウドにあるAIを活用した音声認識システム)と、ローカル型(車の中にあるAIを活用した音声認識システム)を組み合わせたハイブリッド型システムで、ネットワークが繋がらない環境においても、クラウド型音声認識と同レベルの精度、低レイテンシー(遅延時間)を実現する。

(2)コンテキスト認識機能
音声認識技術、およびジェスチャー認識技術により、乗員の意図や状態(行動、感情、眠気、注意力、認知レベル等)を把握し、適切な情報を適切なタイミングで提供する。

(3)多種多様なデバイスやコンテンツとの連携
AIパーソナルアシスタントが、様々なデバイスやコンテンツとの連携をサポートする。

例えば、ソフトバンクロボティクス株式会社のパーソナルロボット「Pepper」を自動車と連携。リビングからPepperを通じて自動車の空調を操作したり、ガソリン残量やキーロック等の車両状態を確認したりといった機能に加え、家庭にいる人々とのコミュニケーションのサポートなど、将来のロボット時代を見据えた体験の提供を実現する。

■スマートフォン連携ディスプレイオーディオで利用可能な三菱自動車純正アプリケーション「電動車両サポート」などを紹介

自動車メーカーとして初めてAndroidAutoに対応し、車載ディプレイから充電スポットの検索を可能にした三菱自動車純正アプリケーション「電動車両サポート」のデモンストレーションを行なう。

また、インターネットに接続された家のドアベルを経由して、運転中であっても来訪者の確認と対応を可能とする「SmartDoorBell(beta)」、小型カメラで撮影した映像にハンドル角や車速等の車両情報を組み合わせ、新しいドライブの楽しみ方を提案する「DrivingDataRecorder(beta)」を参考出展する。

■2月に一部改良したプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」を展示し、性能・機能の向上や充実させた装備を紹介

■伝統をベースに新しい価値創造を目指す三菱自動車の四輪制御技術の紹介

この他、主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーでは、アウトランダーPHEVを出展。電動車ならではの「滑らかで力強く静かな走り」が体感できる。

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる