情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

Honda 燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」のタクシー運用を開始

2017年5月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hondaは、燃料電池自動車(以下、FCV)の将来の用途拡大に向け、クラリティ フューエル セルのタクシー運用を2017年6月末をめどに開始する。

Honda 燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」のタクシー運用を開始

この運用に協力するのは帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社。

クラリティ フューエル セルは、一充填走行距離が約750km(JC08モード走行パターンによるHonda測定値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度(SAE規格の標準条件に基づいた水素充填圧70MPaステーションにおけるHonda測定値)といったガソリン車と変わらない使い勝手を実現している。またセダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現した居住性、電動車ならではの静かで力強くなめらかなドライブフィールも好評を得ている。

しかしFCVは新しい技術だけに、実績に裏打ちされた信頼性に欠けるのも事実。課題の洗い出しに充分な時間や距離も費やしていない。

そこでHondaはFCVの本格普及に向け、このクラリティ フューエル セルを、走行距離、走行時間の長いタクシーとして運用することにした。ハードな実用走行を通じて得られた、さまざまな情報をフィードバックすることで、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組んでいく予定だ。

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる