Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

コンチネンタル・オートモーティブ マツダ車向けにコンバイナー・ヘッドアップディスプレィを供給

2017年5月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月15日、自動車部品サプライヤーのコンチネンタル・オートモーティブは、日本の自動車メーカーとしては初めてマツダ車にヘッドアップディスプレイ(HUD)を供給したことを発表した。

コンバイナー・ヘッドアップディスプレィ

ーーコンチネンタルの計器&ドライバーHMI事業部長のフランク・ラーベ氏は
「当社のコンバイナーHUDは、細心の注意を払って開発された製品の一例です。取り付けスペースが従来のHUDの面積の半分で収まるため、アプリケーション次第で、デミオやCX-3など、コンパクトカーやスポーティなクルマに最適です。コンチネンタルの人間工学に基づいた技術がこのたびマツダ社の製品に採用されたことを誇りに思います」と語っている。

フロントガラスに情報を直接表示するHUDに対して、コンバイナーHUDは「コンバイナー」と呼ばれる小型で半透明なプラスチックディスクに情報を表示する。このためフロントガラスと光路の精密な調整が不要となり、コックピットにおける自由スペースが増え、小型かつ平坦なデザインが可能。アプリケーションによってはコンバイナー式HUDは鏡一枚で作動する。

コンバイナー式HUDの機能はボンネットの先にフルカラーの情報を表示させることができ、ドライバーの視線は運転方向から動かす必要がなく、他車の動きなどと合わせて重要な情報が常にドライバーに提供され、ドライバーは一定の視界内に捉えたままにすることができる。また運転中に機器を操作することで発生する「ブラインド・ドライビング」と呼ばれる状態も劇的に少なくするできるのだ。

マツダはこのヘッドアップ・ディスプレイを「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」と名付けている。適用車種は、デミオ(ツーリング・グレード)、CX-3 (プロアクティブ、Lパッケージ)、CX-5(プロアクティブ、Lパッケージ)に採用している。

マツダ 公式サイト
コンチネンタル アーカイブ
コンチネンタル・オートモーティブ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる