Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

日産自動車が2016年度通期決算を発表。連結営業利益は7422億円、売上高は11兆7200億円を記録

2017年5月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車2017年5月11日、2016年度通期の決算を発表した。それによると米国、中国、西欧での好調な販売が、為替の逆風や低成長が続く新興国市場での販売を一部補い、2016年度通期の連結営業利益は7,422億円、売上高は11兆7,200億円となっている。

決算について発表する西川社長

決算について発表する西川社長

中国合弁会社を比例連結した会計基準では、営業利益は8,824億円、売上高は12兆8,400億円となる

中国合弁会社を比例連結した会計基準では、営業利益は8,824億円、売上高は12兆8,400億円となる

グローバル販売状況

2016年度通期のグローバル販売台数は563万台。米国における日産の販売台数は前年比4.2%増の158万台となり、市場占有率は9.0%に達している。また会計年度が暦年ベースの中国での日産の販売台数は、前年比8.4%増の135万台となり、市場占有率は5.0%となった。ロシアを除く欧州では、前年比7.2%増の68万3,000台を販売し、市場占有率は3.8%となっている。SUVの「キャシュカイ」とピックアップの「ナバラ」がその販売数をけん引している。

これらのおもな市場における販売増が、年度前半に軽自動車の燃費不正問題により苦戦を余儀なくされた国内市場を補っている。2016年度通期の国内販売は55万7000台で、市場占有率は11.0%。アジア、オセアニア、中南米、中東、およびアフリカを含むその他市場における日産の販売台数は、前年比3.3%減の80万8000台に留まっている。

2017年度通期の見通し

2017年度通期のグローバル販売台数は583万台を日産では見込んでいる。最近発売した「マイクラ」、「アルマーダ」、「キックス」、及び日本の「ノートe-POWER」や「セレナ」を含む新型車が、その台数増に寄与する見込みとのことだ。この台数予測に基づき、2017年度の通期予想を東京証券取引所に届け出ている。中国合弁会社に持分法を適用した2017年度通期予想は次の通り。

2017年度連結決算予想

注1) 2013年度から中国の合弁会社 東風汽車有限公司の連結方法が変わり、持分法が適用されている。本会計基準では、連結当期純利益に変化はないものの、連結売上高と連結営業利益には東風汽車の数値は含まれなくなる。
注2) 親会社株主に帰属する当期純利益

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる