情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

パナソニック 電気駆動システムなど車載システムのモデルベース開発をAZAPA社と協業

2017年5月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月8日、パナソニックとAZAPA社は車載用途でのモデルベース開発において協業を進め、このほどその成果の一つとして、電気自動車の電動パワートレーン開発にこの手法を適用することに成功したと発表した。

モデルベース開発、つまりモデルとは、制御ロジック(ソフトウェア)や制御対象(ハードウェア)を、コンピューターでシミュレーション可能な数式やアルゴリズムで記述し、これらモデルを駆使した開発手法を意味するものだ。モデルベース開発の詳細はこちら

現在の自動車開発では、電動化への対応や安全運転支援機能のシステム構築と車両への適合、車内ネットワーク化など、かつてないほど高機能化し、複雑になっており、自動車開発の上流工程(設計段階)の徹底的な効率化が求められている。その解決策の一つとして、電子制御システムやECU開発にはモデルベース開発の手法を用いる重要性が拡大している。

パナソニック 電気駆動システムなど車載システムのモデルベース開発をAZAPA社と協業_01

図A EV全体のモデル化:パナソニックの持つデバイス、コンポーネントのモデル化技術とAZAPAが持つ車両性能モデル・システム構築技術を組み合わせEV全体のモデル化を実現。 図B EV性能シミュレーター:EVモデルを元に、より活用しやすいインターフェースを持つEV性能シミュレーターを開発。この結果、上流設計時に実機を作ることなく、シミュレーションを活用することで、電気自動車の電費を最大化するためのパワートレーン仕様の早期導出が可能となった

このモデルベース開発を用いることでEVの電動パワートレーン(駆動装置)コンポーネントをモデル化し、シミュレーション上でEVの電費を最大化するパワートレーン仕様を早期に導き出せるようになり、カーメーカーへのシステム提案力が強化されるとともに、従来の試作による仕様決定に比べ開発期間を大幅に短縮することが期待される。

今後、両社は共同でこの開発手法を自動運転技術などの安全・安心分野、インフォテインメント分野へ展開し、カーメーカーからの幅広い要望に対応できるようにする方針としている。

パナソニック アーカイブ
AZAPA 公式サイト
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる