情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

伝統と革新を融合した新型ランドローバーDISCOVERYの受注がスタート

2017年5月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、定員7人のフルサイズSUVである新型「DISCOVERY」の受注を全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始した。

ランドローバー・新型DISCOVERY

ランドローバー・新型DISCOVERY

ランドローバーのテイストにのりつつ、すっきりとした造形を採用している

ランドローバーのテイストに則りつつ、すっきりとした造形を採用している

すでに新型「DISCOVERY」の特別仕様車「DISCOVERY FIRST EDITION」限定30台が先行販売されているが、今回あらたに「HSE」「HSE LUXURY」の2種類のグレードをラインアップし、それぞれに3.0L V6 スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力340ps・最大トルク450Nm)と3.0L V6 ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力258ps・最大トルク600Nm)を用意している。

この新型「DISCOVERY」で注目したいポイントは、豊富なシート・アレンジと収納力。大人7人が快適に座れるよう、レッグルームは2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmとゆったりしているのに加えて、シート・アレンジ次第ではラゲッジスペースを最大2406Lにまで拡大することが可能。加えて、グローブボックスやカップホルダーの下の収納ボックスなど、便利なスペースも数多く用意されている。

10.2インチサイズのタッチスクリーンパネルも搭載

10.2インチサイズのタッチスクリーンパネルも搭載

メーターまわりはコンサバティブなデザインだが、ステアリングスイッチはゲーム機のコントローラーのようなデザイン

メーターまわりはコンサバティブなデザインだが、ステアリングスイッチはゲーム機のコントローラーのようなデザイン

さらに世界初となる「インテリジェント・シート・フォールド機能」は、ラゲッジスペースのスイッチやタッチスクリーン、さらには専用アプリを使ってスマートフォンから遠隔操作で、2列目と3列目のシートを自動で展開することも可能となるもの。利用シーンに合わせて簡単にシート・レイアウトを変更でき、7シートの状態から、2シートに折りたたんでラゲッジスペースを最大にするまでにかかる時間は、わずか14秒とのことだ。

また助手席や2列目窓側2席、3列目2席にチャイルドシート用ISOFIXアンカーバーを標準装備しているほか、荷物の固定具としても利用できる電動インナー・テールゲートや、ジェスチャーで開閉ができる電動ジェスチャー・テールゲートといった装備も採用されている。

シートはスイッチ操作やアプリを使って自動で展開可能

シートはスイッチ操作やアプリを使って自動で展開可能

室内空間は広くゆったりとしている。空調なども含め後席の快適性も高い

室内空間は広くゆったりとしている。空調なども含め後席の快適性も高い

カーゴスペースは最大で2406Lを確保可能。テールゲートはジェスチャーコントロールも可能

カーゴスペースは最大で2406Lを確保可能。テールゲートはジェスチャーコントロールも可能

走破性能の面では、状況に応じてエンジンやギアボックス、デファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化するテレイン・レスポンス2オート、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムをDISCOVERYシリーズでは初めて搭載している。このエアサスペンション・システムは、50〜80km/hで轍がついた荒れた路面を走行する場合には40mm、さらに50km/h未満で過酷なオフロードを走行する場合や川を渡る場合には車高を最大115mmまで上昇させる。というもの。また105km/h以上でオンロード走行する場合には、自動的に車高が13mm低くなるため、状況に応じた快適なドライブが可能。さらにエンジンを切るかシートベルトを外すと車高を15mm、さらにドアを開くとさらに25mm下げてくれる、オートマチック・アクセスハイト機能も装備されている。

コネクティビティ機能の面では、直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を標準装備。オプションとしてロードサイドアシスタンスが必要になった場合や乗員の急病時に、車内上部のボタンを押すことでオペレーターと会話ができたり、アプリを介して車両位置情報やトリップデータ、ドアやウィンドウの開閉状況の確認ができる通信機能を搭載することも可能。さらにRemote Premiumアプリを使えば、インテリジェント・シート・フォールドをスマートフォンから操作できるほか、車内の温度調整や車両ロックの状態も確認できるようになっている。オプションで3列すべてにUSBポートや充電ソケット、最大8つのデバイスに対応するWi-Fiホットスポットを装備することも可能だ。

そのほかサラウンドカメラシステムも標準装備されていて、歩行者検知機能がついた自動緊急ブレーキ、ACCキューアシスト機能、パークアシスト(縦列駐車・並列駐車・出庫)、ブラインドスポットアシストなど、ドライバー支援システムのオプションも充実している。

新型「DISCOVERY」 概要

■エクステリア・カラー(全17種)
フジホワイト、ユーロンホワイト、サントリーニブラック、コリスグレー、インダスシルバー、ロワールブルー、エイントリーグリーン、カイコウラストーン、フィレンツェレッド、モンタルチーノレッド、スコシアグレー、ワイトモグレー、ナミブオレンジ、シリコンシルバー、ファラロンブラック、カルパチアングレー、アルバ

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
・ガソリン・エンジン搭載モデル
DISCOVERY HSE
3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド8速AT、340PS・450Nm、7,790,000円
DISCOVERY HSE LUXURY
3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド8速AT、340PS・450Nm、8,810,000円

・ディーゼル・エンジン搭載モデル
DISCOVERY HSE
3.0リッターV型6気筒ターボチャージド8速AT、258PS・600Nm、7,990,000円
DISCOVERY HSE LUXURY
3.0リッターV型6気筒ターボチャージド8速AT、258PS・600Nm、9,010,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。

問い合わせ
ランドローバーコールTEL0120-18-5568
(9:00〜18:00、土日祝日を除く)

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる