Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 新型「XV」試乗レポート コンパクト・クロスオーバーSUVのベンチマークとなり得るか?

2017年5月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルXV 1.6i-L

2017年3月9日から受注を開始した新型XVは、いよいよ5月24日から発売が開始される。発売に先立ち、新型XVに短時間ながら試乗することができたので、さっそくお伝えしよう。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

■ポジショニング
富士重工からSUBARUへ社名変更して初となるニューモデル「XV」は、スバル・グローバル・プラットフォームを採用した第2弾だ。先に発売されたインプレッサ・シリーズとは兄弟だが、グローバル市場での役割はインプレッサ以上に重い。

スバルXV 2.0i-S デザイン的にはキープコンセプト

今回の新型XVは正式には2代目となる。じつは2010年にGH型インプレッサの追加モデルとして登場したモデルがVXの元祖だ。しかしXVという独立した車名で2012年に登場したのがGP型の初代XVである。このモデルで専用のデザインを採用し、クロスオーバーSUVであることを明確に打ち出したことになる。

グローバルで人気が高いコンパクト・クラスのクロスオーバーSUVで、クロスオーバにふさわしいテイストのデザインも奏功し、アメリカ市場だけでなく日本でもヒットした。

スバルXV 2.0i-Sのインテリア

今回登場する2代目は、キープ・コンセプト、キープ・デザインで登場したが、初代はインプレッサより遅れて開発されたのに対し、今回のXVはインプレッサと同時開発されている。しかもアメリカ、日本だけではなく、コンパクト・クロスオーバーSUVの伸びが最も著しいヨーロッパ市場、中国市場もターゲットに入れたグローバル戦略モデルと位置付けられているのだ。

またスバルのラインアップの中で今後は、XVが最量販モデル、つまりスバルの屋台骨を支えるモデルという位置づけとなり、日本でもメイン・モデルとされている。それだけではなく、世界市場におけるBプラス・セグメント、CセグメントのクロスオーバーSUVのベンチマークに位置するという、高い心意気を持ったニューモデルなのである。

■コンパクト・クロスオーバーSUVの付加価値戦略
新型XVの開発キーワードは「FUN Adventure」で、日常生活での市街地で使いやすいパッケージングや内外の質感の高さ、休日の郊外へのドライブでの快適性や安心感、目的地で楽しむための多用途性の2つのシーンでクラス・トップであることを狙っている。

さらに、現在では激戦区のコンパクト・クロスオーバーSUVクラスの中で突出した存在となるために、スバルは価格競争力を持ちながらさらなる付加価値を高めることで、XVの存在感を高める作戦なのだ。

アイサイトver3を標準装備

そのひとつがアイサイトver3や歩行者保護エアバッグの全車標準装備化。さらに、衝突安全性能の大幅な向上など、安全性でのリードだ。二つ目めは、全車がフルタイムAWDとしていることだ。クロスオーバーSUVは文字通りセダン/ハッチバックとSUVのいいとこ取りをしたクルマで、現在、各社の多くは二輪駆動モデルが主流。4WDが設定されている場合でもオンデマンド式の4WDがほとんどというのが実情だ。

ヒル・ディセントコントロール・スイッチ(上)とX-MODEスイッチ

しかしスバルはアイデンティティを主張するためにはフルタイムAWD(アクティブトルクスプリットAWD)が不可欠と考え、さらにホイールが空転するような悪路での走破性を確保するために、今回から各輪がLSD効果を発揮できる「X-MODE」、ヒルディセント・コントロールもエントリーグレードの1.6i以外に標準装備となっている。

最低地上高200mm、大径タイヤ、アプローチ角18度、デパーチャー角30度など本格SUVとしての基本要素を備える

さらに最低地上高200mmと本格SUV並みの地上高とし、タイヤは外径700mmと大径タイヤを装着し、この点でもSUVらしさを強調。FF駆動の、地上高の低い都市型に特化したクロスオーバーとは違うことを主張している。

そして、インプレッサ以来の新世代プラットフォームを採用したことで、地上高の高いクロスオーバーSUVであるにもかかわらず、セダン同等レベルのハンドリング性能や直進性の良さを追求し、動的な質感を高めることや、エクステリア、インテリアの作り込みの質感を高めることも大きな付加価値と位置付けられている。

試乗レポート
新型XVは、試乗会の段階ではまだナンバープレートが取得できていないため、クローズドの短い周回路で行なわれた。ここでの試乗は我々日本のメディだけではなく、アメリカやオーストラリアのメディア向けにも行なわれ、グローバル・モデルということが改めてわかる。

スバルXV 2.0i-S

スバルXV 1.6i-L

試乗車は1.6Lと2.0Lの両モデルと旧型モデルも用意されていた。ただ試乗車は、スバルでは生産試作、一般的には量産試作と呼ばれる段階のクルマで、発売前に急遽集められており、エンジニアは市販仕様とほとんど差はないというのだが、いざクルマに乗り込むという段階で、ドアの開閉音やドアハンドルの操作感が今ひとつ物足りないフィーリングに感じた。従来のスバルの各モデルはこのあたりの操作感はかなりレベルが高いのだが、少し腑に落ちない感じがした。

ソフトパッドのダッシュボードやシートにはオレンジ色のステッチ

<次ページに>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる