Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

住友ゴム ダンロップ 全国タイヤ安全点検で3台に1台が不適切な空気圧が判明

2017年4月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月28日、住友ゴムは「タイヤの日」の4月8日に全国47都道府県49会場で「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施し、その結果を発表した。

今回の点検では、タイヤの整備不良は3台に1台程度あり、燃費の悪化、走行性能の低下、偏摩耗の原因となる「空気圧の過不足」が最も多く確認されたという。

ダンロップは、2008年10月から年2回、全国47都道府県でタイヤ点検と安全啓発活動を、道の駅やショッピングセンターなどで開催しており、今回で17回目の実施となる。タイヤ点検ではタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧、残溝、タイヤ表面の損傷などの点検を行ない、ドライバーにタイヤの日常点検の重要性を訴えている。

今回の活動では全国49会場で4743台のタイヤ点検を実施した結果、タイヤの整備不良率は全点検台数の29.5%で、その内容は(重複含む)、空気圧の過不足が18.7%と最も多く、続いて残溝不足が7.6%、タイヤ表面の損傷が6.6%、偏摩耗が5.1%という結果だった。なお今回の活動により、これまでの累計点検台数は8万5000台を超えている。

点検・調査結果では相変わらずタイヤ空気圧の過不足が多く、ドライバーのタイヤに対する関心の低さがクローズアップされている。

ダンロップ アーカイブ
ダンロップタイヤ公式サイト
住友ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる