Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

GLM 国産4シーターの電動スーパーカー、「GLM G4」を日本で初公開

2017年4月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GLM G4と小間裕康社長

2017年4月18日、電気自動車メーカーのGLMは、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す「GLM G4」のジャパン・プレミアを行ない、4000万円(想定価格)で販売すると発表した。

GLM社(本社:京都市左京区吉田本町 京都大学VBL)は、京都大学のベンチャー・ビジネス・ラボラトリーのEV開発プロジェクト「京都電気自動車プロジェクト」(2006年発足)を母体に、電気自動車の開発、販売を行なうベンチャー企業として2010年4月に設立された。社長は小間裕康氏。

発表を行なう小間裕康社長

「GLM G4」は2016年9月のパリ・モーターショーでワールドプレミアを行ない、今回が日本初公開となる。「GLM G4」の販売計画台数は1000台で、日本だけでなく欧州や香港、中東、中国での販売を計画している。同車だけで400億円程度の売り上げを目標に事業を展開するという。

また、2019年の量産化に向け、京都の自社研究開発拠点で重要部品の搭載検討を始め、年内には試作車での走行テストを行う予定だ。

現時点ではG4専用のパワートレーン(モーター、バッテリー、車両制御ユニット)や最先端の電子制御装置の開発を協力会社と共同で進めており、実用化に向けて開発を加速させる計画だ。

G4は、専用開発の高効率・高出力なモーターを車両の前後に2個搭載した、4WDのスーパーカーで、最高出力400kw(540ps)、最大トルク1000Nmを発揮する。路面状態に応じて2個のモーターがそれぞれタイヤの回転力を調整するトラクションコントロール技術も搭載し、走行時の動力性能を最大化。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードのNEDCで400kmを目指している。

前後のドアは「アビームセイルドア」と名付けられ、フロントドアは斜め前方に、リヤドアは斜め後方に跳ね上がる

車両コンセプトは「Road Yacht(ロードヨット:路上を走るヨット)」で、次世代のラグジュアリーなグランドツーリングカー(GTカー)として開発を進めるという。

外観はクーペスタイルで、4ドア/4シーターを実現。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員がくつろげる快適な空間を確保している。前後ドア4枚が高く跳ね上がるアビームセイルドア(アビームとはヨットが風を受けて、最もスピードが出せる状態を示す)を採用している。

なお同日からから専用ウェブサイト(http://www.glm-g4.com)も開設し、G4の車体内部も公開。年内には走行シーンの動画をアップする予定としている。

GLM 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる