情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ ニューヨークオートショーで「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と「クラリティ エレクトリック」を世界初公開

2017年4月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、2017年4月12日から開催のニューヨークオートショーにて、「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と「クラリティ エレクトリック」を世界初公開した。

クラリティ プラグイン ハイブリッドとクラリティ エレクトリックは、2016年3月に日本で発表した燃料電池自動車(FCV)の「クラリティ フューエル セル」と、共通のプラットフォームを使用した、プラグイン ハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)。世界で初めて同一プラットフォームにFCV、PHEV、EVという3種類の電動パワートレーンを取り揃えることとなった。

これによって、5人乗りミドルサイズクラスセダンであるクラリティに、動力や動力源をユーザーが自由に選択できるという、新しい価値が付加されることになった。また、この「クラリティ」シリーズにより、ホンダが2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV、バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標達成に向けて、電動化が推進されることとなる。

クラリティ プラグイン ハイブリッド

クラリティ プラグイン ハイブリッドは、17kWhのバッテリーを搭載し、これまでのミドルサイズクラスのプラグイン ハイブリッドで最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行を可能にしている。バッテリーの満充電に掛かる時間は、240Vで2.5時間。高効率の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンとの組み合わせにより、ガソリンと電気の総走行可能距離は330マイル(約531km)以上となる。

「ノーマル・ECON・スポーツ」の3種類の走行モードにより、燃費重視からレスポンス重視まで、ドライバーは好みに合ったモード選択が可能。さらに、バッテリーの充電を優先するHVモードを搭載していて、3種類全ての走行モードと組み合せることができる。クラリティ プラグイン ハイブリッドは2017年中に米国で販売が開始される。

クラリティ エレクトリック

クラリティ エレクトリックは、日々の通勤などで、EVならではのクリーンさと、セダンならではの上質で快適な広い室内空間の両方を求めるユーザー向けに、求めやすい価格で新しい価値を提供するモデルとして開発された。25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行可能距離は80マイル(約128km)以上。

満充電に掛かる時間は240ボルトで3時間強。急速充電器使用時は、30分で80%の充電を可能にしている。またクラリティ プラグイン ハイブリッド同様3種類の走行モードを搭載している。クラリティ エレクトリックは2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる