情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ自動車 リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク WW-1000」のレンタル開始

2017年4月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウォーク WW-1000」のレンタルを2017年秋より開始する。

「ウェルウォーク WW-1000」は個々の患者に合わせた難易度の調整や歩行状態のフィードバック機能など、運動学習理論に基づいた様々なリハビリテーション支援機能を備えている。また簡単装着、タッチパネルによる一括操作などシンプルな構造と機能によって、臨床現場での使いやすさを実現した。

トヨタは、1980年代に自動車生産用に導入を始めた産業用ロボットの技術や自動車の開発技術を応用して、人の活動をサポートし、人と共生する「パートナーロボット」の開発を進めている。「パートナーロボット」は、「すべての人に移動の自由を、そして自らできる喜びを」というビジョンのもと、特に日本において重要な課題である少子高齢化問題に対応するため、高齢者がより自立した生活を送り、介護する側の負担も低減できるよう、「シニアライフの支援」、「医療の支援」、「自立した生活の支援」、「介護の支援」を主な4領域として開発に取り組んでいる。

医療の支援では、2007年末から藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)と共同でリハビリテーション支援ロボットの開発を進め、2011年より医療現場での実証実験を行なってきた。2014年からは歩行練習アシストロボットを全国23の医療機関(2017年3月末時点)にて臨床的研究で活用されている。そして、これまでの臨床的研究を通じて患者、医療関係者からの意見も踏まえ、下肢の機能回復への寄与が期待できると判断し、医療機器の承認を取得した。今後、医療機関向けに、100台を目標に「ウェルウォーク WW-1000」としてレンタルを行なう。

営業・サービス体制に関しては、トヨタは株式会社グッドライフデザインに営業企画・管理の委託を行ない、グッドライフデザインは営業窓口である4社を通じてユーザーにレンタルを行なう。サービス業務は、トヨタもしくは株式会社グッドライフデザインがパラテクノ株式会社に委託する形を採る。

リハビリテーション支援ロボットの印象
https://youtu.be/4-o_QNkT4qM

リハビリテーション支援ロボットB-roll
https://youtu.be/pFhc5QmWRQo

 

トヨタ アーカイブ
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる