Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

LEXUS ニューヨーク国際オートショーで「LS500 “F SPORT”」をワールドプレミア

2017年4月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LEXUSは、米国・ニューヨークで2017年4月12日〜23日に開催されるニューヨーク国際オートショー(正式名称「New York International Auto Show 2017」)にてフラッグシップセダン「LS500 “F SPORT”」を世界初披露した。

LS500 “F SPORT”は、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性に専用装備を組み合わせ、爽快なドライビングフィールを実現するスポーティバージョンとして、LS500およびLS500hに設定。

エクステリアは、LSが特徴とする低重心かつ流麗なシルエットに、F SPORT独自の縦基調のメッシュを継承して発展させたスピンドルグリルなどの専用パーツを組み合わせ、スパルタンでありながら精緻に作りこまれたデザインとした。インテリアは、高いホールド性を実現する専用デザインのシートや、握る位置に合わせて断面形状を緻密に変化させた専用ステアリング、2010年に全世界限定500台が販売されたレクサスの2シータースポーツカー・LFAの意匠を継承するメーターリングスライド機構を備えたTFT液晶メーターなど、スポーティなデザインと高い機能性を両立した。

“F SPORT”ならではの走行性能を実現するため、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキや20インチランフラットタイヤ&ホイールを採用。VDIM(Vehicle Dynamics Integrated Management、車両の挙動を安定させる先進の車両運動制御技術)は、VGRS(Variable Gear Ratio Steering、可変ギヤ比ステアリング)、EPS(Electric Power Steering、電動パワーステアリング)、DRS(Dynamic Rear Steering、後輪操舵)を統合制御するレクサスダイナミックハンドリングシステム(LDH)に、アクティブスタビライザーやAVS(Adaptive Variable Suspension system、電子制御サスペンション)を協調制御させることで、車両のロールや上下運動の制御を可能とした。これにより、フラットな車両姿勢と質感の高い乗り心地を実現。あらゆるシーンで優れたステアリングレスポンスと安心感を提供する。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる