Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

WEC 2017【動画】 開幕を告げる公式合同テストで新型「トヨタTS050」、「ポルシェ919」がベールを脱いだ

2017年4月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FIA WEC「プロローグ」恒例の、参加マシンが集合した記念ショット

2017年4月1日~2日、イタリアのモンツァ・サーキットで2017年世界耐久選手権(WEC)のレースに先駆け、公式合同テスト(プロローグ)が行なわれ、今シーズンが動き出した。そして、プロローグに先立ち、LMP1ハイブリッド・マシンのトヨタGAZOOレーシングの2017年型マシン「TS050 ハイブリッド改良モデル」、ポルシェの2017年型「919ハイブリッド」がベールを脱いだ。

■トヨタTS050改
2016年型と同じ「TS050 」の車名を受け継いでいるが、もちろんエクステリアの空力性能、エンジン、ハイブリッド・システムなどは大幅なアップデートを受けている。ただし8メガジュール・クラスの変更はなく、システム出力1000psを目指している。

2.4L V6ツインターボ・ガソリンエンジンは、シリンダーブロック、シリンダーヘッドなどの主要部品を全面的に設計変更し、圧縮比が高められ、一段と熱効率の向上が図られている。高圧縮比、より急速な燃焼、より広範囲での理想空燃比を目指しているのだ。

またターボもA/R比と翼形を変更し、よりレスポンスの良い過給特性にしている。また、インタークーラーも冷却性能が高められているという。こうしたエンジンの改良により、パワーと燃費性能をさらに向上させることを目指しているのだ。

ハイブリッド・システムは、新しい小型モーター/ジェネレーター・ユニットと、より高性能なリチウムイオン・バッテリーを採用。軽量化と、減速時のエネルギー回生と加速時のモーターアシストの速さを向上させている。

■新レギュレーションに対応

2017年からレース規則が変更されダウンフォース低下のために、フロントのリップ・スポイラーの位置が15mm高められ、リヤではディフューザーの開口面積が狭められることになっている。新車両規則では、この変更によりル・マンのコースで1周4秒遅くなると想定している。このため、この新規則の中で、いかにダウンフォースを確保するかがボディ空力性能の最重要ポイントになっている。

またボディ・タイプも従来は3種類まで用意できたが、2017年からは2種類に制限され、ハイ・ダウンフォース仕様とル・マン24時間用のロー・ダウンフォース(低空気抵抗仕様)の2種類となる。

トヨタの東富士研究所での空力シミュレーション、風洞実験を経て、2017仕様のデザインが完成し、モンツァにはル・マン24時間仕様を持ち込んでいる。

■トヨタGAZOOチーム
今シーズンは、念願の3チーム体制が実現した。アウディが撤退した今シーズンは、トヨタとポルシェとの一騎打ちで、なんとしてもル・マンでの優勝を実現するために必須の体制なのだ。3台体制となるのはシリーズ第2戦のスパ6時間レースと第3戦のル・マン24時間レースだ。

車番は7、8、9号車で、7、8号車がフル参戦となる。ドライバーは7号車が小林可夢偉とマイク・コンウェイ、新たにホセ・マリア・ロペスが加わる。逸材のロペスが加わり、ドライバーのポテンシャルは高まったといえる。

8号車は、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン。そして9号車がベテランのステファン・サラザンをリーダーに、国本雄資、ニコラス・ラピエールという組み合わせだ。ドライバーの詳細はこちら

なおチームはこのプロローグより前にスペインのアラゴン・サーキットで十分な走り込みを行ない、耐久・信頼性をチェックしている。

■ポルシェ919ハイブリッド
ポルシェも2016年同様のモノコックフレームを使用し「919ハイブリッド」という車名を踏襲しているが、もちろん大幅にアップデートされている。ポルシェもボディ空力性能、サスペンション、エンジンに手を加え、60~70%が新設計になっているという。

特にボディは全面的に新設計となり、ル・マン24時間レース用とハイダウンフォース仕様を用意している。また前年まで使用していたラバー付きのフロント・リップスポイラーは使用できないため、より効果的なダウンフォースを得られるようにフロントエンドの底面をデザイン。

プロローグに登場したの919ハイブリッドはル・マン仕様のローダウンフォース・ボディ

フロントのフェンダー部は昨年より高く、幅広で前後長も長くされた全く新しいデザインになっている。ボディサイドの形状、サイドラジエーター・インテーク形状も一新された。
<次ページに>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる