情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産リーフが横浜スタジアムのリリーフカーとして登場

2017年3月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社は2017年3月29日、横浜DeNAベイスターズとの新たなスポンサーシップを発表した。それによると2017年シーズンは、横浜スタジアムに日産の新広告看板を掲出。また「日産リーフ」がリリーフカーとして、試合中に登場することとなった。

リーフはオープントップ化され、助手席はドアレスとなっている。

過去横浜スタジアムでは、日産のBe-1やエスカルゴなどがリリーフカーとして活躍していたが、今回はCO2排出量ゼロの電気自動車であるリーフが、リリーフに向かう投手をサポートする。

また掲出する看板は、照明灯部分に新設し、 「横浜生まれ」、「一台入魂」の文字を刻んでいる。さらにセンターカラービジョン上には「電気自動車は、技術の日産。」の看板も掲出。この場所には1998年以来の日産の看板掲出となる。

–日産専務執行役員 星野朝子氏
「日産の創業の地である横浜の象徴ともいうべき横浜スタジアムに戻って来たことを大変うれしく思います。自動車産業は新しい時代に突入いたしました。日産にとっても2017年は新しい飛躍の年となりますが、同様に昨年以上の活躍が期待されている横浜DeNAベイスターズを、このような形でサポートできることにワクワクしています」

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる