Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディRS3 Sedanがついに日本に導入される

2017年3月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ ジャパン株式会社は、高性能5気筒エンジンの2.5 TFSIとquattroフルタイム4WDシステムを採用した本格スポーツモデル、Audi RS 3 Sedanの発売を決定し、2017年3月28日より全国25のAudi Sport店及びアウディ正規ディーラー(124店舗:現時点)で受注を開始する。Audi RS 3 Sedanの希望小売価格(消費税込み)は785万円で、発売は7月上旬開始予定。

アウディRS3 Sedan

ベースとなるA3セダンと比べ大きく膨らんだフェンダーは大迫力。

このRS3セダンは、市販モデルに搭載される5気筒ユニットとしては世界でもっともパワフルな294kW(400PS)の最高出力を発揮する新開発の2.5 TFSIエンジンを搭載。また480Nmという最大トルクを1,700〜5,850rpmの幅広い回転域で発生する柔軟性も兼ね備えている。0-100km/h加速はquattroフルタイム4WDシステムによるトラクション性能の高さもあって4.1秒を記録している。

そのエンジンは、アルミ合金製クランクケースを採用することで、エンジン単体の重量は従来型の(鋳鉄製クランクケースを採用した)2.5 TFSIと比べて26kg減を実現。さらに、インテークマニホールドと燃焼室の両方でガソリンを噴射する「デュアルインジェクション」や、排気バルブの開閉タイミングを可変コントロールする「アウディバルブリフト」を採用することで、出力性能だけでなく、燃費効率も改善。欧州ドライビングサイクル(NEDC)で100km走行あたりの燃料消費をわずか8.3Lに抑えている。

トランスミッションは7速Sトロニックを採用。quattroフルタイム4WDシステムは電子油圧制御のマルチプレートクラッチの働きにより、バリアブルに前後のホイールにトルクが振り分けられている。その一方で、アウディプレセンスやアクティブレーンアシスト、サイドアシスト、トラフィックジャムアシスト、リヤクロストラフィックアシストなど、最新のアシスタンスシステムをフルレンジで標準搭載するなど、安全対策や快適性の面も充実している。

エクステリアは専用のシングルフレームグリルやバンパー、19インチホイール、拡げられたトレッドとフレア付きのフェンダー、大胆なディフューザーインサートなどにより、ひと目で通常のAudi A3 Sedanから見分けることが可能。

インテリアもブラックのファインナッパレザーに、ダイヤモンドパターンの飾りステッチとRSロゴを配した専用のシートなどにより、スポーティでエクスクルーシブな雰囲気を演出している。さらに、フルデジタル式インストルメントのアウディバーチャルコックピットに加えて、MMIナビゲーション、バング&オルフセンのサウンドシステムといったハイエンドのインフォテイメントシステムを標準装備。コネクティビティの面でも、Apple CarPlay とAndroid Autoを介して手持ちのスマートフォンをクルマにつなげるようにした「アウディスマートフォンインターフェイス」を標準化するなど、Audi A3シリーズの最上級モデルにしてRSの名に相応しい、コンパクトクラスを超えた機能とステイタスが備わっている。

ハニカムのフロントグリルにはRS3のバッジが取り付けられている。

ステアリングはDシェイプデザイン。バーチャルコックピットも装備されている。

新型Audi RS 3 Sedanの主要諸元と価格は以下の通り。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる