情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボ デザイナーが最新のボルボ・デザインの哲学と戦略を語る

2017年3月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ上海デザインセンター長のジョナサン・ディズリー氏

2017年2月23日、ボルボの最新のデザインを手がけてきたボルボカー・グループのデザイン部門バイスプレジデントであり、現在は上海デザインセンター長のジョナサン・ディズリー氏が来日し、メディ向けに最新のボルボ、XC90、S90、V90、V90クロスカントリーに共通するデザイン、ブランド哲学と戦略を語った。

■ブランドの考察
周知のように現在のボルボのブランドの再定義とデザイン戦略は、2012年にトーマス・インゲンラートがボルボグループ・デザイン担当副社長に就任したことに始まる。元フォルクスワーゲン・グループのデザインを担当していたインゲンラート氏のもとに、多国籍なデザイナーが集結し、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身のジョナサン・ディズリー氏もその主要なスタッフとなっている。

ボルボ・グループのデザイン総責任者のトーマス・インゲンラート副社長

デザイン・チームがまず取り組んだのは、スカンジナビア・デザインの評価であった。そして、ボルボ・プロミスとして、他のプレミアムカー・メーカーとは違う存在であることを証明することが掲げられた。ボルボはプレミアムを目指すために、他社と同じような方向ではなく、独自の存在感を訴求することを決めたのだ。

元はベントレーのインテリア担当で、現在ボルボのインテリア・デザイン部門の責任者、ロビン・ペイジ氏

次は母国、スカンジナビア・デザインとは何かを問いかけることだった。スカンジナビア・デザインの独自性や特徴を考察したという。ドイツやイタリアなどの競合他社とどのような点が異なるのか、その違いに着目した上で、スウェーデンならでは、ボルボならではの存在を考えた。

スウェーデン、スカンジナビは非常にハイテクであり先進性のある国民性を備え、そうした特徴やユーザー層の属性を「スカンジナビアのオーソリティ」、「スカンジナビアのアクティビティ」、「スカンジナビアのクリエイティビティ」という3要素に絞り込んだ。

ボルボ車のオーナーには医師や弁護士など教養を備え、高い地位にある人が多く、そうした顧客層はデザインに対する関心が高いという。またボルボ車オーナーは活動的で、郊外やアウトドアでの生活を楽しむといったアクティビティや芸術などに関心を持って生活を楽しむクリエイティビティ指向の備えていると考えたのだ。

■エクステリア・デザインの具現化
こうした3要素を具現化したのが、2013年から順に発表された、コンセプト・クーペ、コンセプト・エステート、コンセプトXCクーペという一連のコンセプトカーであった。

コンセプト・クーペ

これらのコンセプトカーから、S90、V90、V90クロスカントリーが生まれたが、これらの市販モデルは驚くほどコンセプトカーのデザイン要素が忠実に再現されていることをディズリー氏は強調した。

コンセプト・エステート

コンセプトXCクーペ

また新世代の90シリーズは、ボルボのトップレンジに位置するため、エレガントさも追求されている。その原点は、新世代プラットフォーム「SPA」の採用で、その結果フロント・アクスルとトーボードの距離を十分に取ることができたのだ。これは横置きエンジン/横置きトランスミッションのクルマとして異例のことで、この距離を上級FR車なみに確保することで、エレガントな黄金比を持つボディフォルムが実現している。

ロールス・ロイスの前車軸とトーボードの距離

S90の前車軸とトーボードの距離

美しいフォルムを目指したデザインはハイテクの採用によって実現した要素も少なくない。例えば、北欧神話の雷神のハンマーの形をモチーフにしたヘッドライトは、最新のLEDライト、クリアランス・ランプ、ウインカーとして機能するLEDの光導管などを組み合わせ、遠くからでも明瞭に視認できる構造、形状に仕上げているのだ。

ヘッドライトの構成

そしてクルマにとっても重要なフロントマスクは、エレガントさと威厳を両立させ、その表情は王者の雰囲気を表現することを目指し、他車のようにヘッドライを側面に回り込む形にはせず、きちんと正面に正対させた配置にしている。

ライオンとビーバーの目の配置とヘッドライトのレイアウト

<次ページに>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる