Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 公道走行とサーキットのための911 GT3 予約受注開始

2017年3月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェ ジャパンは、ジュネーブモーターショーでワールドプレミアを行なったニュー911 GT3の予約受注を、2017年4月6日より全国のポルシェ正規販売店にて開始する。

ニュー911 GT3は一言でいってしまえば、レーシングカーの性能をそのまま公道仕様に取り込んだ内容を持つ特別なモデルだ。搭載されるエンジンは、4.0L水平対向6気筒の自然吸気ユニット。911 GT3カップを走るレーシングカーの心臓が、ほとんど仕様変更することなく使用されている。

そして注目の最高出力は368kW(500PS)。これは過給器を持たないエンジンとしては、ほぼ限界ともいえる数値といっていいだろう。しかも1,430kgに収められた軽い車重のおかげで、パワーウェイトレシオは僅か3.88kg/kW(2.86kg/PS)でしかない。

GT3専用に調整された7速PDK仕様の0-100km/h加速タイムは3.4秒。最高速度は318km/hに達する。純粋なドライビング愛好家のために、ポルシェは911 GT3にオプションとして6速マニュアルスポーツトランスミッションも準備しているが、こちらは0-100km/h加速タイムが3.9秒、最高速度が320km/hとなる。

もちろん特別なのはエンジンだけじゃない。体系的な軽量構造で再設計されたシャシーには、リヤアクスルステアも装備。速度に応じて後輪を前輪と同位相または逆位相操舵して、俊敏性と安全性を同時に向上させている。ダイナミックエンジンマウントとリヤデファレンシャルロックも、ドライビングダイナミクスの更なる向上に寄与するメカニズムだ。

車高が911カレラSよりも25mm低く設定され、さらに軽量設計のフロントエンドとフロントスポイラー、開口部を備えた軽量リヤエンドやディフューザー、カーボン製のリヤウィングなどによってエアロダイナミクスの最適化が行なわれているのも、ニュー911 GT3の特徴的な部分。これもポルシェモータースポーツの経験に基づくチューニングとなっている。



インテリアについても、高性能スポーツカーに相応しい装備が与えられている。直径360mmのGTスポーツステアリングホイールは918スパイダーに由来するもので、シートは運転席と助手席の両方にサイドサポートが強化されたスポーツシート プラスを装着。シートの前後調節は手動で、高さとバックレストは電動で調節可能となる。911 GT3は2シーターとなるため、後部のスペースにはカバーが施される。

また、911 GT3のシートには3つの仕様が追加される。全てのシート機能(18-way)が電動調節されるアダプティブ スポーツシート プラスと、可倒式バックレスト、内蔵式胸部エアバックおよび手動式前後調節機能を備えたスポーツバケットシート。そしてカーボン模様仕上げの軽量なCFRP製フルバケットシートを選ぶことが可能だ。


リアルタイム交通情報とオンラインナビゲーションモジュールを含む標準装備のポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)には、コネクト プラスモジュールとトラックプレシジョンアプリも含まれる。911 GT3のドライバーは、トラックプレシジョンアプリによって、スマートフォン上での詳細なドライビングデータの表示、記録、および分析が可能となっている。

■価格
ポルシェ ホームページ


【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる