Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ ニューヨークオートショーで2種の新型クラリティを世界初公開

2017年3月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2017年4月12日から開催されるニューヨークオートショーにて、「クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と「クラリティ エレクトリック」を世界初公開することを発表した。


クラリティ プラグイン ハイブリッドとクラリティ エレクトリックは、2016年3月に日本で発表した「クラリティ フューエル セル」と共通のプラットフォームを使用したプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)。2017年に米国での発売が予定されている。

この2種類の新しいモデルの追加によって、クラリティは世界で初めて、同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレーンの選択肢を取り揃えることになる。5人乗りの広く上質な室内空間を誇るミドルサイズクラスセダンに、さらなる価値が付け加えられたわけだ。

この「クラリティ」シリーズのバリエーション拡充によって、ホンダが2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標の達成に対し、着実に一歩前へ踏み出したといっていいだろう。

また、ホンダブースでは2017年3月にジュネーブモーターショーにおいて世界初公開された「シビック TYPE R」の量産モデルや、同年1月に北米国際自動車ショーで公開された北米向けミニバンの新型「オデッセイ」なども展示する。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる