情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

業界初 GMとホンダの燃料電池システム生産の合弁会社がいよいよ稼働

2017年3月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gh

初代社長がGMのソーヘイブ・ハック氏(左)、ホンダオブアメリカ・マニュファクチュアリングを務める神阪知己氏が副社長に就任

ちょうど4年前にあたる2013年3月、ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは、燃料電池電気自動車の普及のため、2020年頃の実用化に向けた次世代型燃料電池システムと水素貯蔵システムの共同開発を行なうために長期的な提携契約を締結した。

GMHondaFuelCells01.jpg

業務提携を締結しプレス発表当時のGMのスティーブ・ガースキー副会長(左)とホンダ代表取締役副社長執行役員の岩村哲夫氏

そして2016年1月に、両社は自動車業界初となる先進の水素燃料電池システムの量産を行なう合弁会社を設立している。

「Fuel Cell System Manufacturing,LLC(FCSM)」社は、ミシガン州デトロイトの南に位置するブラウンズタウンにあり、GMの既存のバッテリーパック生産工場内に設置され、2020年頃に燃料電池システムの量産を開始する予定で稼働している。

燃料電池システムと水素貯蔵システムのより低コストな市販ソリューションを創出するために、両社は開発チームを統合し、燃料電池関連の知的財産を共有して開発に取り組んでいるのだ。

そして2017年3月8日、燃料電池システムを生産する合弁会社FCSMの経営体制が発表された。

FCSMは、社長職を両社が持ち回りで指名する経営方法を採用し、初代社長にはこれまでGM オペレーショナル・エクセレンスのディレクターを務めたソーヘイブ・ハック氏が就任。そして副社長には現在ホンダの執行役員でホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリングの取締役社長を務める神阪知己氏が就任した。GMとホンダは、社長と副社長の職を2年毎に持ち回りで指名する予定としている。

Equinox Fuel Cell

GMの燃料電池車・実証実験車「シボレー・エキノックスFC」は公道を300万マイル踏破した実績を持つ

また、FCSMは両社が指名するそれぞれ3名の取締役からなる取締役会を設置し、取締役会議長は両社が持ち回りで指名し、最初の取締役会議長は、現在ホンダで取締役・常務執行役員・四輪事業本部長を務める関口孝氏が就任した。

経営体制も確立され、FCSMはよりコストの安い燃料電池スタックや水素貯蔵システムの生産が開始される。もちろんその目的は2020年からのZEV規制に対応するためで、2社は燃料電池車の心臓部の開発、生産を合弁事業とすることで、開発コスト、製造コストを引き下げるというメリットが得られるのだ。FCSM社は、将来的に約100名の雇用を創出する見通しで、両社が同額ずつ拠出する新会社への投資総額は8万500万ドルとなっている。

ホンダ アーカイブ
ホンダ公式サイト
GM 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる