情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ ワゴンRシリーズ 試乗レポート 走りから快適性まで全方位でグレードアップ

2017年3月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC09769

新型ワゴンRシリーズ。左からFX、FZ、スティングレー。それぞれ専用のフロントマスクで、スティングレーだけはボンネットも専用デザイン

2017年2月に発売された新型ワゴンRは、アルトに続いて新世代プラットフォームを採用し、そしてハイブリッドの採用を前面に打ち出した軽自動車としては、画期的なモデルだ。スズキの軽自動車シリーズの中で中核をなすモデル、ワゴンRはどのようなクルマに生まれ変わったか、さっそく試乗してみた。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

■渾身の力作
ワゴンRは、軽自動車ハイトワゴンに分類され、子育て世代向けに絞ったスーパーハイトワゴンより幅広い年齢層、性別を問わないなど、軽自動車マーケットのど真ん中を狙ったモデルだ。だから燃費、機能性、使い勝手のよさなど、どの点も欠かすことができないクルマで、ある意味妥協が許されない。さらに、ライバル車に打ち勝つためには技術的なブレイクスルーも必要になるのだ。

DSC09653

スティングレー ハイブリッドT

新型ワゴンRは、そのために最新の「HEARTECT(ハーテクト)」プラットフォームを採用し、軽量化と高剛性化を徹底。もうひとつは、エントリーモデルのワゴンR FAグレード、スティングレーL以外の全モデルにマイルドハイブリッドを搭載しており、自然吸気エンジンのFFでJC08モード燃費は33.4km/Lとクラストップを達成している。

DSC09660

今回から採用しているマイルドハイブリッドは、スズキがこれまで搭載してきた「エネチャージ」、「S-エネチャージ」技術の発展版だ。

DSC09672

スティングレー ハイブリッドTのインスツルメントパネル

エンジンのクランクプーリーとベルトで結合される発電機、駆動&スターターモーター(ISG)の出力はこれまでの「S-エネチャージ」用のISGの約1.25倍に向上し、助手席下に搭載されるリチウムイオン・バッテリーも電力量120Wh、容量10Ahと従来のバッテリーの3倍になり、これまで以上に減速時のエネルギー回生とISGによる駆動力の向上が実現したため「(マイルド)ハイブリッド」と呼ぶようになったのだ。

DSC09687

Ro6A型ターボ+マイルドハイブリッド

そしてシステムも、より積極的にISGによる駆動が活用され、停止からのアクセルペダルを踏まない状態でのクリープ発進が最長10秒間でき、走行中の加速では最長30秒間、100km/h付近までのモーターアシストが実現している。一見すると駆動モーターとしての作動時間は短く感じられるが、じつはこの時間でのモーターによるアシストが燃費、走りに効くのだ。

■好感度高いデザイン
新型ワゴンRのもうひとつのポイントはデザインだ。ワゴンRのようなハイトワゴンは軽自動車マーケットのメイン商品で、機能性や使い勝手が最大のアピールポイントになり、デザイン的には生活の道具、ツール感に徹している雰囲気がある。特にワゴンRには強く漂っていたが、新型はメイン商品であっても多様なユーザー層の多様な価値観にできるだけ合わせる方向に舵を切っている。

DSC09704

ハイブリッドFZ

そのため、従来モデルのワゴンRはベースモデルとスティングレーという2機種の構成から、FX、FZ、スティングレーという3機種に拡大し、それぞれ独立したフロントマスクとし、FXがベースモデル、スタイリッシュ&スポーティなFZ、力強い存在感を強調したスティングレーという性格分けがされている。

DSC09711

しかし、ティングレーは意図通りに感じられるが、FZはフロントマスクがミニバン系で軽快さ、スポーティさが足りないように感じた。とは言えワゴンRファミリーは、スズキの新しいクルマ造りの息吹が感じられる力作で、同じトールワゴンであり、軽自動車のレベルを大きく引き上げたダイハツ・ムーヴを上回ろうという意思が感じられるモデルであることは間違いない。

DSC09695

ハイブリッドFZのインスツルメントパネル

DSC09699

自然吸気R06A型エンジン+マイルドハイブリッド

■ハイブリッドの効果は?
FX、FZは共通のエンジンとCVTを搭載している。いずれも3気筒のR06A型自然吸気エンジンで、出力は52ps/60Nmと、従来モデルと変更はないが、ハイブリッド効果が加わっているのだ。信号で停止から、アクセルペダルを離すとモーターだけでゆっくり発進し、わずかにアクセルを踏むとエンジンがかかる。

DSC09732

ハイブリッドFX

市街地の発進で多いこうしたゆっくりした動き出しで、クルマの軽さが感じられるのだ。その理由はクルマの重量が約20kg軽量化されていることも効いているだろうし、ISGモーターのアシストもあるように感じられる。

fx

また市街地を巡航している状態で軽くアクセルを踏み込んでの加速でもCVTのルーズなフィーリングが少なく、自然吸気の52psとは思えない加速フィーリングが感じられた。今までの軽自動車の自然吸気エンジンは、燃費を重視していることもあって巡航状態はともかく、加速時にはCVT特有の応答遅れによりもたつき感があるが、この新型ワゴンRはそれが大幅に改善されている。軽さとISGのアシストによる加速感のある加速は新型ワゴンRの大きな魅力だ。

DSC09738

ハイブリッドFXのインテリア

■試乗レポート
今回試乗したスティングレーはターボ・ハイブリッド「スティングレー T」で、このターボエンジンは64ps/98Nmだ。さらにハイブリッドのモーターアシストが加わるので、市街地はもちろん、高速道路でもエンジンフィールは1.3Lクラスのエンジン/CVTのクルマを上回る加速、レスポンスを味わうことができた。

DSC09740

ハイブリッドFXのリヤシート

■快適性も大幅に向上
走っていて気付くのは、エンジン音の、特に機械音や高周波の気になるノイズがよく抑え込まれており、室内での静粛性が格段に向上していることだ。軽自動車の場合、エンジンのパワーやトルクの大小より、加速時のエンジンノイズがストレスに感じることが多いが、この新型ワゴンRのレベルになれば、コンパクトカー並みか、それ以上で、走りの質感はかなり高い。

DSC09767

このエンジンノイズの抑え込みにはそれなりの対策をきちんとした結果だというが、その効果は大きい。こうしたノイズの低減と、乗り心地のレベルアップによりワゴンRの走りの質感が高まっている。
<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる