情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

[スローニュース]次世代環境車の決定版!? Audi e-gasをA3スポーツバックg-tronユーザーに提供

2017年3月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Static photo,  Colour: Ibis White

2017年3月7日、アウディはA3スポーツバックg-tronを購入したすべてのユーザーに、気候に悪影響を与えないアウディe-gasを3年間無償で提供すると発表した。

このアウディe-gasというのは、再生可能エネルギーを使用して水とCO2から作られるか、藁や刈り取った草といった有機残留材から生成されるもの。その生産過程でエンジン燃焼時に発生するのと同じ量のCO2を燃料内に取り込むことから、これを燃料としてg-tronモデルが走行する場合、CO2排出量が80%削減されることになる。

アウディが自社で持っているe-gas製造プラント

アウディが自社で持っているe-gas製造プラント

今回の発表は2018年の5月31日までにAudi A3 スポーツバックg-tronを注文したユーザーは、クルマに標準装備されるパッケージの一部として、この燃料の供給を3年間受けられるというもの。e-gasを使って走るAudi g-tronモデルのラインアップはヨーロッパにおいて、さらに拡大される予定で、初夏にはA4アバントg-tronとA5スポーツバックg-tronの注文受付が開始される。これらのモデルにも標準でe-gasを提供するプログラムが適用されることとなっている。

2017年初夏から注文受付を開始するA4アバントg-tron。2.0L TFSIエンジンを搭載し、25Lのガソリンタンクと4つあわせて19kgを充填できるガスタンクを装備。CNGモードでの走行で約500km走れるため、ガソリンとの合計では950kmの航続距離を実現

2017年初夏から注文受付を開始するA4アバントg-tron。2.0L TFSIエンジンを搭載し、25Lのガソリンタンクと4つあわせて19kgを充填できるガスタンクを装備。CNGモードでの走行で約500km走れるため、ガソリンとの合計では950kmの航続距離を実現

[編集部からのひと言]
e-gasを燃料とするアウディg-tronは、アウディが研究する合成メタンガスで、フォルクスワーゲン、アウディが目指す2020年CO2排出量95g/kmを実現するための切り札として2013年のジュネーブショーで発表している。アウディは工場から排出されるCO2と風力発電で生成される水素と合成することから合成メタンガスが生成され、天然ガスのメタンガスCH4と全く同じ成分だという。欧州ではすでにパイプラインが整備されているため、すぐにでも次世代燃料として利用することが可能だという環境技術と位置付けられている。
詳細はこちら。http://autoprove.net/2013/03/30944.html

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる