情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

レンジローバー・ヴェラールとジャガーI-PACEコンセプト、ディスカバリー・プロジェクト・ヒーローをジュネーブショー2017出展

2017年3月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Geneva Motor Show 2017_I-PACE Concept Photon Red_01

2017年3月7日、ジャガー・ランドローバーはジュネーブモーターショー2017にレンジローバー・ヴェラールとジャガーI-PACE、ディスカバリーの人道支援向けスポークモデルであるプロジェクト・ヒーローを出展した。

Geneva Motor Show 2017_I-PACE Concept Photon Red_02

ジャガーI-PACEコンセプト

Geneva Motor Show 2017_Range Rover Velar_02

ランドローバー・ヴェラール

レンジローバー・ヴェラールはレンジローバー・スポーツとレンジローバー・イヴォークの中間に位置するモデル。I-PACEコンセプトはジャガー初となるエレクトリックパフォーマンスを備えていて、急速充電が可能。このシステムによって長い航続距離を誇っている。

Geneva Motor Show 2017_Project Hero_01

ディスカバリー・プロジェクト・ヒーロー

ディスカバリー・プロジェクト・ヒーローは国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)と、ジャガー・ランドローバーのパートナーシップによって開発されたもの。災害時の対応時間を短縮することで、人命救助に役立つことが期待されている。

その特徴はルーフにドローンが据え付けられていること。セルフセンタリング技術を備えた完全統合型の着陸システムにより、車両が動いている間も、ドローンをプロジェクト・ヒーローに着陸させることが可能となっていて、これは世界初となる技術だ。

Geneva Motor Show 2017_Project Hero_04

ルーフにドローンが装備されている

Geneva Motor Show 2017_Project Hero_09

ドローンは装備されている端末からコントロールできるほか、自律飛行で移動中のプロジェクトヒーローにも着陸可能

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる