Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

フォルクスワーゲングループが初の完全自動運転コンセプトカーを発表

2017年3月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月6日、フォルクスワーゲングループはコンセプトカー「Sedric(Self-driving-car)」を発表した。このモデルは、個人的なニーズや願望を満たしつつ、ボタンひとつの操作で簡単、持続可能で、快適かつ安全に誰もが利用できるパーソナルモビリティの革新的な形を具体的に示すものとなっている。簡単にいうとこれは「レベル5の完全自動運転」を実現するために作られた初めてのクルマとなっている。別のいいかたをすると「ドライバー不要」で、だれもがボタンをタッチするだけでいつでも、どこからでも移動ができるということを実現しているのがこのSedricということとなる。

フォルクスワーゲングループの自動運転コンセプトカー「Sedric」

フォルクスワーゲングループの自動運転コンセプトカー「Sedric」

大きくスライドするドアのおかげで乗降性がいい

大きくスライドするドアのおかげで乗降性がいい

デザイン面での特徴は、左右に開くドアは大きな開口部を持っていて、快適かつ容易な乗降を可能としているが、これはフラットなバッテリーパックを前後アクスル間に配置し、コンパクトな電動モーターをホイールの高さに設置したことによって生まれた広い室内空間を活かすためのもの。エアコンや自動運転用電子知能などのシステムはオーバーハングに収められている。

2+2のシートはさまざまなアレンジが可能となっている。素材はナパレザー

2+2のシートはさまざまなアレンジが可能となっている。素材はナパレザー

またそのインテリアにはステアリングホイールやシート、コックピットなどはなく、自宅にいるようなくつろぎの空間が広がっている。2+2のシートデザインは快適なソファとしての機能も持っていて、リヤウインドウ前方に配置された竹炭を使用したフィルターを持つ空気清浄器が快適な環境を実現。ウインドウには高解像度で透明な大型OLEDスクリーンが装備されているので、車両前方を観るのと同時にさまざまな情報表示も可能となっている。

リモコンを使ってSedricを呼びだし、目的地までの移動も可能

リモコンを使ってSedricを呼びだし、目的地までの移動も可能

このSedric開発はVWグループが未来に向けて進める改革プログラム「Together – Strategy 2025」とともに始まったもの。今後サスティナブルモビリティの世界的なリーディングプロバイダーへと変貌を遂げるための道を切り拓き、さらなる成長の基盤を造るための第一歩となるものだ。

Sedricの詳細な情報はwww.discover-SEDRIC.comで公開されている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる