Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ランドローバーの新型車「RANGE ROVER VELAR」を公開

2017年3月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月1日、ランドローバーはレンジローバー・ファミリーに新たに追加する新型「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」をロンドンにあるデザインミュージアムで初披露した。

RANGE ROVER VELAR

RANGE ROVER VELAR

Range Rover Velar_Family_Line_Drawing_02

このヴェラールはレンジローバー・イヴォークとレンジローバー・スポーツの中間に位置する新型車で、デジタル執事と位置づけられた革新的なテクノロジーを搭載することでオーナーの人生やライフスタイルの向上をサポートしている。

その中核となるのが最新のインフォテインメントシステムの「Touch Pro Duo」で、これについて

ーーコネクテッドカー&フューチャー・テクノロジー担当のヒーター・ヴァーク氏
「『RANGE ROVER VELAR』に搭載されている2つの高解像度な10インチのタッチスクリーンは、世界へと通じる窓となるでしょう。コネクテッドなインフォテインメント・システム『Touch Pro Duo』が、お客様のニーズを予測し、望むものを適切なタイミングで提供します。しかも、ドライビングの楽しさを損なうことなく、まるで有能な執事やデジタル・パーソナル・アシスタントのように、日常生活からストレスを取り除いてくれます」とコメントしている。

さらにデザイン面ではフルマトリクス・レーザーLEDヘッドライトの採用や、ランドローバー史上最もスレンダーなシルエット、デプロイアブル・ドアハンドル、パーニッシュトコッパー色の塗装を施したフロントバンパーブレードやフェンダーベントなどが特徴。インテリアにはKvadora社と共同開発したスエードクロス・インサートをあしらったダップルグレーの最先端素材を採用している。

メカニズム面では、180psを発生するインジニウム・ディーゼルエンジンから、380psの3.0L V6スーパーチャージドガソリンエンジンまで、5種類のエンジンをラインアップ。さらに2017年後半には300psのインジニウム・ガソリンエンジンも追加する予定があるとのことだ。

ちなみに今回ジャガー・ランドローバーは、ロンドンのデザイン・ミュージアムとのパートナーシップを締結し、今後3年間にわたって、様々なコラボレーション、展示会、イベントを実施していくことを発表した。

発表会はケンジントンにあるデザイン・ミュージアムにて行なわれた。

発表会はケンジントンにあるデザイン・ミュージアムにて行なわれた。

ーーランドローバー・チーフ・デザイン・オフィサー、ジェリー・マクガバン氏
「当社にとって重要な新型モデルを機に、デザイン・ミュージアムとパートナーシップを組めることができ、大変喜ばしく思います。『RANGE ROVER VELAR』は、より優れたデザインとエンジニアリングを追求していくという当社全体の取り組みを強化するだけでなく、RANGE ROVERブランドにModernity(近代的)という新しい要素をもたらすモデルとなります」

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる