情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が「IEEEマイルストーン」に認定

2017年3月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは2017年3月2日、1981年に世界初の地図型自動車用ナビゲーションシステムとして商品化した「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が、「IEEE(アイトリプルイー)マイルストーン」に認定されたことを発表した。

c170302_001Hs

IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)は、米国に本部を置く、電気・電子・情報・通信分野における世界最大の学会。世界190ヵ国以上に42万人を超える会員を擁する非営利団体として、コンピューター、バイオ、通信、電力、航空、電子などの技術分野で指導的な役割を担っている。

IEEEマイルストーンは、電気・電子・情報・通信分野において開発から25年以上経過し、地域社会や産業の発展に多大な貢献をしたとされる歴史的業績をIEEEが認定する制度として1983年に制定された。以来、2017年2月までに世界で174件が認定されている。

今回認定されたホンダ・エレクトロ・ジャイロケータは、現在のカーナビの普及の礎を築いたともいえる製品で、商品化されたのは1981年。世界初の自動車用地図型ナビゲーションシステムだった。

クルマの移動方向を検知する「ガスレートジャイロ」を採用した方向センサーは、世界で初めて自動車用に実用化したもの。さらに走行距離センサーやマイクロコンピューターなどを組み合わせることで、移動方向と移動量を検出して現在位置を計算するのは、現在のナビの自律航法システムと同様だ。

当時はまだ実用に耐えるデジタル地図や表示機器が無かったこともあって、ドライバーへの情報提供方法は、透過型の地図シートがセットされたブラウン管に現在位置と自車の方位、走行軌跡を表示するというアナログ感溢れる構成。しかしそれまではSF映画の中の絵空事でしかなかったナビゲーションシステムの現実的な形での登場は、自動車用電子機器の新しい時代の到来を感じさせたものだった。

自動車産業界で初めてとなる今回のIEEEの認定も、ホンダがホンダ・エレクトロ・ジャイロケータを開発したことにより、地図型自動車用ナビゲーションシステムが世界中に普及し、ナビゲーションシステムの世界標準を築いた功績を認めたものだ。

受賞の記念式典は、2017年3月2日の11:00よりホンダ青山本社ビルにて行なわれ、IEEE会長のカレン・バートルソン氏より銘板が贈呈された。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる