情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン 2017ジュネーブモーターショー出展概要

2017年3月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティンは、第87回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、3台の注目すべきクルマを初公開する。

1台めは、アストンマーティン・ラインアップ中、最もパワフルかつ運動性能に優れたスーパーGTであるVanquish S。2台めは、アストンマーティンとレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズが共同で開発を進めているハイパーカー、AM-RB 001。こちらはヨーロッパのモーターショーでは初公開となる。

Vanquish S

Vanquish S

AM-RB 001

AM-RB 001

さらにもう1台、今回のジュネーブで、「Q by Aston Martin – Collection」により特別な仕様を施したDB11を公開して、ブランドが推進しているビスポークサービス「Q by Aston Martin」の新しい展開例をデモンストレーションする。

06

2012年に初導入された「Q by Aston Martin」プログラムは、購入するアストンマーティンに、様々な個性的なデザインタッチを付け加えるサービスプログラムだ。注文するクルマの詳細を決定するときに、特別なトリムや追加の仕様を選択することができ、英国ゲイドンのアストンマーティン本社工場で、その取り付けや仕上げ作業が行なわれる。

通常のオプションリストに記されている装備や仕様のほかに、Collectionでは特別なペイントや内装カラー、仕上げ素材や工作を用意。ユニークなレザーキルトの張地から、ダイヤモンド旋削仕上げのスポークにボディ同色のブレードをあしらったカラード・ホイール仕上げ、インテリアの新しいウッド/レザー素材などが含まれる。

より幅広い選択肢が用意されたことで、カスタマーはデザイナーとの緊密なやり取りを通じて、自分自身の1台を創り上げるための、ほぼ無限ともいえる可能性を得ることになる。

01

今回出展するDB11 Q by Aston Martinは、特別色Zaffreブルーのボディペイントを採用し、フロントスポイラー、サイドシル、リヤディフューザー、サイドストレーキ、ボンネットストレーキ、ドアミラーに、光沢サテンツイル仕上げのフォージド・カーボンファイバーを採用。インテリアは、コクピットの上下をオブシディアン・ブラック・セミアニライン・レザーで覆い、ヘッドレストに「Q by Aston Martin」ロゴをエンボス加工している。カーボンファイバー仕上げのホイールセンターとエンジンカバーも、雰囲気を高めている。また、Collectionを通じて、カラーコーディネートした4ピースのラゲージセットも用意している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる