Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバルのSGP第2弾 新型「XV」登場@ジュネーブショー2017

2017年3月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Geneva2017_XV_ECZF_2.0IS_ES_5S_r4

2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショーで、スバルは新世代プラットフォーム採用の第2弾となる新型「XV(ヨーロッパ仕様)」を世界初公開した。

XVはインプレッサがベースの新たなコンパクト・クロスオーバーSUVとして2012年に登場した。今回登場した新型XVは2代目で、新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した第2弾であり、グローバルのCセグメントのSUVの中でより強い存在感を訴求するモデルとしている。

Geneva2017_XV_ECZF_2.0IS_ES_5F_r6

XVのコンセプトはシンメトリカルAWD技術をベースにした本格的なSUV性能と、スポーツ・カジュアルというデザイン・コンセプトを採用し都会からアウトドアまで活用できるクロスオーバーSUVとしている。このコンセプトとデザイン・テイストを守りながら、新世代プラットフォームを採用し性能の革新を図っている。

世界トップクラスの衝突安全性能、ドライバーの意のままのハンドリング、快適な乗り心地性能を大幅に向上。またSUV性能を高めるために新たに「X-MODE」、アクティブ・トルクベクタリングを採用するなど、CセグメントSUVのベンチマークを目指すクルマと位置付けられている。

■デザイン
ダイナミック&ソリッドというスバルのデザイン/ポリシーのもと、スポーツ・カジュアルなライフスタイルを表現。フロントのヘキサゴングリルからホークアイ・ヘッドライトまで一体感のある造形を採用している。サイドはフロントフェンダーからドア、リヤ・ショルダーまで続く抑揚の効いたラインと、ドアパネル下部の後方に向けて跳ね上がるキャラクターラインによりダイナミック感を生み出している。

インテリアは、インプレッサから採用されている先進的で細部にこだわった作りにより、クラスの常識を超えた質感としている。XVの特徴を表現するため、インスツルメントパネルのステッチにはオレンジ色を採用。ステアリングホイールも小径化した新しいデザインになっている。

またシートも立体的で、乗員にフィットする新たな形状としている。インスツルメントパネル中央には8インチサイズのタッチスクリーン式ディスプレイを配置。インフォテイメントはスマートフォン連携によるネット接続を可能にしている。

Geneva2017_XV_ECZF_2.0IS_ES_5R_r6■ボディ&シャシー
新プラットフォームを採用したことで、ボディ、シャシー全体の剛性は従来比1.7~2倍へと大幅に向上。操舵感やペダル操作感、振動騒音、車体の運動特性など、統一感のあるフィーリングとし、クラスを超える動的な質感、ドライビング・プレジャーを目指している。

サスペンションはフロントがストラット式、リヤはダブルウイッシュボーン式で、XV専用のチューニングが加えられている。

またSUV性能も、より強化し最低地上高は200mmとクラストップレベルを実現。ボディ、シャシー性能の剛性向上に合わせ、ステアリングギヤ比はこれまでの14:1から13:1へと変更し、SUVでありながら軽快な走りを目指している。その一方で、悪路、滑りやすい路面で威力を発揮するロックモードの「X-MODE」、急坂をペダル操作することなく下ることができるヒルディセント制御も採用している。

シャシー制御では新たにアクティブ・トルクベクタリングを採用し、回頭性、操縦応答性を向上。さらに電動パーキングブレーキも採用している。

■パワーユニット
軽量化、パワーアップ、燃費の向上を目指し、大幅に改良されたFB20型の2.0L直噴エンジンを搭載。出力は156ps/196Nmを発生する。またリニアトロニックCVTも改良され、変速比幅は6.28から7.03に拡大。ユニット重量も約7.8kgと大幅に軽量化されている。CVTは7段オートステップ制御も採用している。

なお、今回のワールドプレミアはヨーロッパ仕様だが、3月8日には日本仕様が発表される予定で、以後各国向けのスペックも発表されることになっている。

諸元表

スバル XV アーカイブ
スバル アーカイブ
スバル XV中古車情報
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる