Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

横浜ゴム WTCC、スーパーフォーミュラ・レースなど2017年モータースポーツ活動計画を発表

2017年3月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wtcc

世界ツーリングカー選手権(WTCC)

207年3月3日、横浜ゴムは2017年のモータースポーツ活動計画を発表した。モータースポーツ活動はタイヤ事業のグローバル展開の一環と位置付け、国内外での幅広いモータースポーツを通して、ヨコハマタイヤの認知度向上を図っていくとしている。

■世界ツーリングカー選手権(WTCC)
横浜ゴムは2006年からWTCCのオフィシャルタイヤサプライヤーを務め、2010年からはオレンジオイル配合技術により優れたグリップ性能を維持しながら環境性能を高めた「アドバン・レーシングタイヤ」を供給している。

2017年はWTCCへの12年目のワンメイクタイヤ供給となる。供給タイヤサイズは250/660R18。今年はモロッコラウンドを皮切りに、ヨーロッパ、アフリカ、南米、アジア、中東と世界を転戦し、全10大会が行われる。日本ラウンドは10月にツインリンクもてぎで開催される。

■全日本スーパーフォーミュラ選手権
2016年からワンメイク供給を開始したアジア最高峰のフォーミュラレース、「全日本スーパーフォーミュラ選手権」へアドバン・レーシングタイヤを継続供給する。供給タイヤはオレンジオイル配合技術により優れたグリップ性能を維持しながら環境性能を高めたドライ用の「A005」とウェット用の「A006」。タイヤサイズはフロント用が250/620R13、リア用が360/620R13。

sf

全日本スーパーフォーミュラ選手権

■全日本F3選手権
2011年からワンメイク供給を開始した全日本F3選手権に2017年も引き続きアドバン・レーシングタイヤを継続供給する。供給するタイヤはドライ用の「A005」とウェット用の「A006」。タイヤサイズはフロント用が200/50VR13、リヤ用が240/45VR13。

■スーパーGTシリーズ
スーパーGT選手権はメーカーのワークス勢が主力となるGT500と個性的なチームが競い合うGT300のふたつのクラスで競われる。GT500は2014年から行なわれているドイツツーリングカー選手権(DTM)との車両規則共通化がさらに進められ、各チームともにダウンフォースの低減などを図った新規定に適合した車両を投入する。一方、GT300は自動車メーカーが製造販売する国際規格のFIA GT3マシンと日本独自のJAF-GT車両ならびにマザーシャシーが混在する。

2016年シーズンは、GT500でKONDO RACINGの「フォーラムエンジニアリングアドバン GT-R」が2勝、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport アドバン RC F」が1勝を挙げ、横浜ゴムは通算3勝の最多勝利数タイのタイヤメーカーとなっている。

今期は上記2チームに加え、TEAM MUGENの「MUGEN NSX-GT」へのタイヤ供給が決定している。GT300では2016年にVivaC team TSUCHIYAの「VivaC 86 MC」がシリーズを制し、ヨコハマタイヤ勢がチャンピオン奪還を達成した。連続チャンピオン獲得を目指して2017年も20台を超える多くのヨコハマタイヤユーザーを支える。

■スーパー耐久シリーズ
スーパー耐久シリーズは2017年から新たにTCR規定車両で争われる「ST-Rクラス」、FIA-GT4車両で争われる「ST-Zクラス」が追加され、これまでのSTX、ST1からST5の6クラスと合わせて最大8クラスで競われる。

FIA GT3マシンからコンパクトカーまでバラエティ豊かなマシンが参戦するこのシリーズは2010年にワンメイクタイヤ制を導入し、ヨコハマタイヤは同年から現在までオフィシャルサプライヤーを務め、8年目のシーズンを迎える。供給するタイヤはドライ用の「A005」とウェット用「A006」。15インチから19インチまで幅広いサイズラインアップを揃えている。

■トヨタGAZOO Racing 86/BRZレース
このシリーズにはヨコハマタイヤは「プロフェッショナル・クラス」は「アドバンA08B」、「クラブマン・クラス」は「アドバンA052」を使用してチャンピオン獲得を目指す。

■全日本ラリー選手権
2017年の全日本ラリー選手権は全9戦が開催される。ターマック(舗装路)では「アドバンA052」、グラベル(非舗装路)では「アドバン A053」タイヤを中心としたラインアップでユーザーの走りを支える。

ラリー

全日本ラリー選手権

■全日本ジムカーナ選手権
2016年はPN2とSA1、2クラスでチャンピオンを獲得した全日本ジムカーナ選手権に、今シーズンも「アドバンA050」と「アドバン ネオバ AD08R」に加え、2016年8月発売のストリートスポーツタイヤ「アドバン A052」の高性能タイヤをラインアップし、多くのクラスでチャンピオン獲得を目指す。

■全日本ダートトライアル選手権
2016年はPN1、SA1、SC2、Dの計4クラスでシリーズチャンピオンを獲得。今年も多くのクラスでチャンピオン獲得を目指し、「アドバン A053」をはじめ、軟質路面用「アドバン A031」や超硬質路面用「アドバン A036」など幅広い路面に対応したタイヤをラインアップする。

■ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ
横浜ゴムはモータースポーツ振興促進活動の一環として競技参加者を支援する「ヨコハマ・モータースポーツ・スカラシップ2017」を実施している。受付期間は2017年4月30日 (当日消印有効)まで。

この制度は登録したヨコハマタイヤユーザーを支援する制度で、競技の成績に応じてポイントを付与し、獲得ポイントによってヨコハマタイヤを支給する。対象競技などスカラシップの詳しい内容は専用サイト(http://www.y-yokohama.com/cp/motorsports/scholarship/)に掲載する。

ステッカー

■ヨコハマ 100周年記念ロゴ入りステッカー
横浜ゴムは創業100周年を迎えるにあたり、100周年記念ロゴマークを製作。競技車両に貼り付けるステッカーにも活用する。100周年記念ロゴマークはYOKOHAMAのアイデンティティでもある「5本の赤いライン」をモチーフに、100周年のさらに先の未来に向けて力強く進んでいく情熱を表現。また、100の「00」の重なりは、お客様に必要とされるタイヤ・ゴムメーカーであり続けるために皆様とともに次の100年を作り上げる姿勢を表現している。

横浜ゴム モータースポーツ公式サイト
横浜ゴム アーカイブ
横浜ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる