Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタブランドの燃料電池バスを東京都へ販売

2017年2月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車したFCバス(車名:トヨタFCバス)は、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定だ。


【編集部のひと言】
FCV「MIRAI」に続きFCバス、燃料電池フォークリフト、家庭用の定置式燃料電池などの技術開発・商品展開を推進するトヨタグループ。「水素社会」実現に向け、このFCバスはどんな役割を担うか? 注視していきたい。

20170224_01_02_s

トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定している。今後、市街地を走行するFCバスが増えるにつれて、公共交通手段としてのFCバス活用について、一般社会からの理解が高まることを期待している。

トヨタFCバスは、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」向けに開発した、トヨタFCスタックや高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、内燃機関に比べてエネルギー効率が高いことや、走行時にCO2、環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。

加えて、「ノンステップ基準」に合致した、高齢者や児童が容易に乗降できるバスとなっている。大容量外部電源供給システムを採用しているのも特徴で、最高出力7.2kWかつ大容量235kWhの電力供給能力を備えており、災害などの停電時に学校体育館等の避難所や家電の電源としての利用も可能である。

トヨタFCバスは、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」や環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」により開発と走行実証を行ない、国土交通省の「地域交通グリーン化事業」により今回の導入に至った。

概要

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる