情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ 7番目のSUVモデル「GLCクーペ」を導入開始

2017年2月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は2017年2月22日、同社として7番目のSUVモデルとなる「GLCクーペ」の導入を発表した。全国の正規販売店ネットワークを通じて同日より注文受付を開始し、発売も順次開始する。ただし「AMG GLC43・4MATICクーペ」については、2017年3月下旬以降の発売を予定している。

170222MB_GLC_COUPE_02

GLCクーペは、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を備えながら、GLCと同等の走行性能や利便性を実現した、プレミアムミドルサイズのSUVとなる。クーペスタイルでありながら後席は大人が十分快適に過ごせる空間を確保し、通常時で500L、最大時は1400L(いずれもVDA方式)となる広大なラゲッジスペースを備えている。

ラインアップは、2WDガソリンモデルであるGLC200クーペとGLC200クーペスポーツに始まり、クリーンディーゼルモデルのGLC220d・4MATICクーペスポーツと同本革仕様、乗り心地を好みのセッティングに変えられる「エア・ボディ・コントロール・サスペンション」を採用した4気筒ガソリンモデルのGLC250・4MATICスポーツ本革仕様、プラグインハイブリッドモデルのGLC350e・4MATICクーペスポーツ、メルセデスAMGが専用開発した高出力V6エンジンを搭載するAMG GLC43・4MATICクーペから構成される。

メルセデスAMG GLC43・4MATICクーペ

メルセデスAMG GLC43・4MATICクーペ

メルセデスAMG GLC43・4MATICクーペ

メルセデスAMG GLC43・4MATICクーペ

GLCクーペには、4種類のエンジンと5種類のパワーユニットが用意されている。また、GLC200クーペには最高出力184ps、最大トルク300Nmを発揮する2.0L直列4気筒BlueDIRECTターボガソリンエンジン、GLC220dには最高出力170ps、最大トルク400Nmを発揮する2.2L直列4気筒BlueTECディーゼルエンジン、GLC250には最高出力211ps、最大トルク350Nmを発揮する2.0L直列4気筒BlueDIRECTターボガソリンエンジンを搭載。

GLC350eにはGLC250のエンジンに最高出力116ps、最大トルク340Nmを発生してブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせている。さらにAMG GLC 43・4MATICには最高出力367ps、最大トルク520Nmを発揮する専用開発の3.0L・V6ツインターボエンジンを採用している。

トランスミッションには、GLC350eを除く全モデルにメルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9Gトロニック」を搭載。セグメントで最も変速段数が多いこのトランスミッションは、ひとつのギヤが受け持つ速度域が狭くなるために変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現する。

170222MB_GLC_COUPE_08

シャシー関係は、同じプラットフォームを共有するCクラスやGLCクラスに準じている。フロントサスペンションには4リンク式を採用。この方式のメリットは、リンク機構とストラット式スプリングを独立させることで、理想的なサスペンションの動きを実現できることとしている。キャンバー角の自由なセッティングが可能になることでコーナリング時のグリップが大幅に向上。一方でリヤは伝統のマルチリンク式サスペンションを進化させ、卓越した直進安定性を実現している。

GLC220d・4MATICクーペスポーツには、走行状況に応じてダンパー内のオイル流量を変化させ、減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムを備えた「アジリティ・コントロール・サスペンション」を採用。通常走行時には快適な乗り心地を提供し、ハードな走行時には最大限の減衰力を発揮する。

さらにセンターコンソールの専用コントローラーを操作するだけで5つのモードからドライバーが望むキャラクターを選べる「ダイナミックセレクト」も標準装備。そのモードに応じてエンジン/トランスミッション/ステアリングの制御などが変化し、快適性や燃費を優先する走りから素早いレスポンスでスポーティなドライビングまで楽しむことができる。

GLC250・4MATICクーペスポーツと同モデルの本革仕様、さらにGLC350e・4MATICクーペスポーツには「エアー・ボディ・コントロール・サスペンション」を設定。これは車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスだ。路面や運転の状況、乗車人数や積載状況に応じて、減衰力を常に最適に保つ。

高速走行時には車高が自動的に下がって、ハンドリング性能や空力特性、燃費を向上させる。また荒れた路面などでは最低地上高を15mm高めることが可能だ。乗車人数などによる車体姿勢の変化を補正するセルフレべリング機能により、常に変わらないハンドリング特性を実現する。

安全面でも全モデルに「レーダーセーフティパッケージ」や「LEDインテリジェントライトシステム」を標準装備するなど、Cクラスに準じる最新鋭の技術が搭載されている。さらに利便性を向上する装備として、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」を標準装備している。

通常時でも500Lを確保する広大なラゲッジスペースについては前述の通りで、ゴルフバッグ3つ搭載することが可能だ。ワンタッチ操作でテールゲートが自動開閉し、開口角度も調整できる「EASY-PACK自動開閉テールゲート」も標準装備。大きく開くテールゲート、張り出しの少ないフラットなフロア形状、後席バックレストを40:20:40の比率で前方に倒せる分割可倒機構により、乗員数や荷物の形、大きさに合わせた幅広い使い分けが可能だ。

■GLCクーペ グレードと価格

170222MB_GLC_COUPE_09

メルセデス・ベンツ 中古車情報

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる