情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産/ニスモは2017年シーズン、17年仕様新型GT−Rでタイトルを狙う

2017年2月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社2017年2月17日、日産/ニスモの2017年モータースポーツ活動を発表した。

NISMO_2017_infographic-1200x673

まずスーパーGTのGT500クラスは、4台のNissan GT-R NISMO GT500が参戦。2014年、2015年と2年連続でシリーズチャンピオンを獲得したニスモは23号車の松田次生/ロニー・クインタレッリの両ドライバーでチャンピオンを狙う。

また、GTアカデミー卒業生のヤン・マーデンボローがGT300クラスからステップアップしてGT500クラスにデビューし、安田裕信とTEAM IMPULでタッグを組む。2016年2勝を挙げたKONDO Racingは、佐々木大樹と7年ぶりにチームに戻ったジョアオ・パオロ・デ・オリベイラというコンビ。MOLAは、2016年素晴らしいコンビネーションを見せたベテランの本山哲と若手の千代勝正がシリーズに挑む。

テスト走行中の2017年型GT−R

テスト走行中の2017年型GT−R

日産/ニスモの新型車は、ベースとなるNissan GT-R NISMO(2017年モデル)の特徴的なデザインを取り込みながら、これまでのNissan GT-R NISMO GT500の速さと強さのDNAを継承しつつ、2017年のSUPER GTの技術規則に沿って開発したもの。2016年11月の公開後、日本国内やマレーシアのセパンでテストを行ない、開幕戦までさらなる改良を続けていく予定だ。

nissan_gt500_team

DSCN9122

スーパーGT300クラスは、若手ドライバーの育成に主眼を置いたNDDP Racingから高星明誠が星野一樹とペアを組んで参戦。高星明誠は全日本F3選手権にもNDDPから参戦する。またスーパー耐久シリーズのST-Xクラスには2016年のシリーズチャンピオンであるKONDO Racing・スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが2連覇を狙って参戦する。

さらに世界各国でのレースにマシンやエンジンを供給する、カスタマーレーシングプログラムは、その規模を拡大。これまでに33台を販売したNissan GT-R NISMO GT3は2016年に20台がレースシリーズに参戦し数々のレースで勝利を重ねているが、2017年も引き続き車両供給や技術支援を行なっていく。

また競争が激化しているGT3市場での戦闘力アップを目指し、2018年に向けたNissan GT-R NISMO GT3エボルーション車の開発もスタート。開発ドライバーには柳田真孝とミハエル・クルムを起用し、日本およびヨーロッパでテストを行なう予定となっている。

そのほかWECのLMP1クラスに参戦するドイツのプライベートチーム、バイコレスにV6ターボ3.0Lエンジンを供給。IMSA DPi(デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル)ではGT3仕様をベースとしたVR38エンジンをエクストリーム・スピード・モータースポーツに供給。LMP3各シリーズには、これまでの3年間で111基のエンジンをアジアン・ル・マン・シリーズやヨーロピアン・ル・マン・シリーズにVK50エンジンを供給してきていたが、2017年も引き続き供給、技術支援を行なっていく。

LMP1用のV6ターボ3Lエンジン

LMP1用のV6ターボ3Lエンジン

LMP3用のVK50型エンジン

LMP3用のVK50型エンジン

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる